あなたのオフィスには、エアコンの設定温度のルールがありますか? 毎年、エアコンの温度設定をめぐっては、せめぎあいが繰り広げられますね。今回は、角が立たないオフィスのエアコンの温度設定について見てみましょう。

女性と男性の体感温度の違い

なぜか夏のオフィスの必需品になってしまったひざかけやカーディガン
男性と女性では、温度の感じ方違うようです。その1つに「服装の違い」が挙げられるでしょう。特に夏は、女性は胸元があいた洋服を着る人が多くなるのに比べ、男性はネクタイをしめます。女性のストッキングと男性が履くソックスを比べても、体の暖かさは全然違うことがわかります。さらに男性はその上からズボンを履くわけですから、同じ室温であれば感じ方が違うのは当然のことですね。

暑すぎる場合でも寒すぎる場合でも、仕事の効率や生産性に影響します。また、冷えすぎたオフィスにいると、肩こり、頭痛、手足の冷え、むくみがおこったりして、本当につらいもの。

設定温度をめぐる攻防

男性、女性の違いに限らず、「暑さ」への感じ方は本当にいろいろ
オフィスで座り仕事の長い人と暑い日に外回りから帰ってきた営業の人とでは、求める快適温度が違うのは当たり前です。外を歩き汗をかいた人は、涼しいオフィスに戻ってきてホっとしたい。なのに、戻ってきてもオフィスの中が生暖かいというのは、ちょっとかわいそうかもしれません。

エアコンの温度設定をめぐって上げたり下げたりを繰り返していては、その分仕事に集中できませんし、オフィスの雰囲気も悪くなってしまいます。では、みんなが心地よいと感じる温度設定をするにはどうしたらよいのでしょう。