太陽の下で寝転ぶ女性

夏は室内の冷房で調子を崩す人が多く、体温調節が難しい時期です

「夏は暑くて当然!」と頭ではわかっていても、この暑さから少しでも逃れたいと思うのは自然なことかもしれません。しかし、気持ちよく体を冷やす行為の中には、肩こりになりやすい状態をつくってしまうものがあります。これは避けたいですよね。

肩こりにつながる夏の冷え対策が出来るよう、この時季よくあるNG行為をご紹介しましょう。

夏は体を冷やしやすい?

夏のショッピング
夏のショッピングは、冷房のきいた店内と暑い外とを出入りするため、自律神経を乱す原因となるかもしれません。
夏は何かと体調不良を訴えやすい季節でもあります。肩こり、頭痛、倦怠感、足腰の冷えやしびれ、眠りが浅いなど、症状はありませんか? これは、オフィスや自宅で長時間冷房にさらされているせいかもしれません。

室内は冷えているのに対し、外に出ると30度を超える暑さ。この移動が繰り返されると、ヒトの体温を調節するための自律神経が乱れてしまうのです。体温調節機能の狂いは、血流を悪くさせ、長期続くことで「夏なのに体が冷える」という状態も招くのです。

屋外・オフィスの4つのNG

外出先での注意点は以下の4つです。

NG1:汗を拭かずに冷房にあたる。

自宅から駅やバス停まで歩くと、それだけでも汗タラタラ…。走った場合はなおさら暑いですね。体の熱を逃がすために汗が出るのですが、その汗を拭かずに、冷房の効いた乗り物や室内に入ると、汗により体を冷やしてしまう恐れがあります。涼しい場所へ移動する時は、できれば汗は拭いておきましょう。

NG2:オフィスの冷房が強すぎる。

オフィスなど多くのヒトがいる場所では「暑い」と感じる温度にも個人差があります。28度に近い温度設定が良いとされていますが、外出先から戻った男性などは、温度設定を下げてしまうかもしれません。そのような時は、扇風機の利用をお願いしましょう。冷房の温度設定を下げずに、扇風機で空気を循環させたり、扇風機を首振り設定にして、心地良い風で暑さを感じにくくする、といった方法もあります。 

NG3:冷房が直撃する

冷房の直撃は危険です!
できる限り衣類で冷え対策を試みましょう。
運悪く自分の席は冷風が直撃、という話はよく聞きます。特に首筋、肩、背中に冷風が当たり、筋肉が硬くなる感覚があり肩こりが悪化したりと、まさに肩こりの大敵です。冷風が当たった部分の筋肉では、血管が収縮して血行不良になります。首にスカーフを巻いたり、服を着る前に肩にタオルを乗せておいたりと、可能な限り衣服などで調節しましょう。

NG4:思い切った薄着をしている。

暑い日は、肩を出したり、おヘソを出したりと露出の多い服を着る機会も多いかと思います。暑い外では良いかもしれませんが、会社帰りに冷房の効いたレストランへ…という場合は危険です。冷房の室内に居た場合、肩や腕など肌の露出部分が気付かない間に冷えていきます。いつのまにか血行不良を招いてしまう例です。

>>次のページでは、自宅に潜む5つのNGのご紹介です!>>>