箕面エリア
大阪府北部に位置する箕面。北は山に囲まれた自然豊かな立地。
箕面は、「箕面の滝」などの観光地として、また大阪の郊外住宅地として有名です。

箕面は、明治後期の阪急電鉄箕面線の開通を機に各地に住宅街ができはじめ、大阪の郊外住宅街として発展してきました。近隣の豊中市や吹田市などとともに「北摂」地域とも呼ばれ、大阪の中でも高級住宅地のイメージがあります。また、観光地として「箕面の滝」などがある「箕面公園」も有名で、大阪の北部に位置する自然豊かなエリアです。


大阪・梅田まで25分。乗換なしの直通電車も!

箕面路線図
阪急箕面線は、阪急宝塚線「石橋駅」で乗り換え。朝夕には大阪梅田への直通電車も。

箕面市を走る電車は、阪急箕面線。これは、阪急宝塚線の「石橋駅」を基点に箕面までの3駅を6分で結び、生活に密着された路線です。昼間でも10分間隔で運行されており、住人にとっては、生活の足。まるで、バスのような気軽さで乗れる電車です。

阪急宝塚線「石橋駅」は、急行などが停車し、大阪・梅田まで16分という便利なところです。「石橋駅」は、大阪大学をはじめとし、学校が多くある文教地区です。


箕面駅前は、観光地と住宅街の2つの顔が!

箕面駅
阪急箕面線 箕面駅前の様子。背後には、山がそこまでせまっている。
箕面駅前には、広いロータリーがあり、バスやタクシー乗り場あります。ここから広がる住宅街への玄関口として賑わっていますよ。また、観光案内所もあり、観光の街「箕面」も健在です。

駅前には、飲食店、洋服などの小売店、銀行などが入った商業施設があります。道行く人が挨拶をしている姿が多く、住民どうしのコミュニケーションも密なような雰囲気がありました。古くからの住人が多い街なのでしょう。

また、南に商店街を抜けると、そこには、「いかりスーパー」があります。この「いかりスーパー」は、芦屋や西宮など阪神間を中心に展開している高級スーパーで、昨年末に「JR大阪駅」構内にも出店し、話題になりました。高級食材や輸入食材が多く取り揃えられておる、こだわりのお店です。

他にも、スーパー「コーヨー新鮮館」など、安くて新鮮と評判のスーパーがあるので、普段の買物に困ることはありませんよ。ここは、夜10時まで営業しているので、夜が遅くなっても大丈夫ですね。100円ショップやドラッグストアーなど、庶民的なお店もあるので、ご安心を。

箕面ホテル
駅から5分も歩くと、「箕面観光ホテル」の姿が目の前に。
駅の北側は、一転して観光地「箕面」の顔になります。滝の道と呼ばれる土産物屋が並ぶ観光情緒あふれる通りがあります。この道をすすむと、箕面温泉や箕面の滝へと続き、有名な観光地としての箕面の玄関口となっています。

箕面温泉の「箕面観光ホテル」は、箕面駅から徒歩5分と近くにあり、山の中腹までそびえたつ姿は圧巻です。このホテルには、プールやテニスコートなどもあり、レジャー施設としても利用できます。

箕面エリアマップ
阪急箕面線 箕面駅周辺。駅より少し離れたエリアに、箕面らしいスポットが。

次のページでは、住宅地区を中心に紹介しましょう!