「滋養パン」と「香木実」

さて、多種多彩なお菓子が並ぶ同店ですが、中でも私が特に好きなものが「滋養パン」と「香木実(かぐのきのみ)」。

滋養パン
「滋養パン」。
プレーン・みそ味の「相撲パン」・ごま味の「グローブパン」・黒糖味の「うさぎパン」の4種類。
まずは古い型を使った素朴な甘さの「滋養パン」。固そうでいて口の中でほろほろと崩れ、粉や味噌など素材の香りがじんわり広がります。食べ応えがあり、1つ食べるとお腹もふくれます。

レトロなパッケージとパンの名前と形も気に入って、自分の朝食に、友人への気取らない手土産にと楽しく使わせてもらっています。

香木実
一見トリュフのようにも見える
贅沢な装いの「香木実」。
殻から形よく取り出された鬼クルミが包まれる。
一方の「香木実」は会津坂下産の鬼クルミをこし餡で包んで丸め、黒砂糖をまぶしたもの。駄菓子を看板に掲げる同店が駄菓子ではないお菓子として作る、ちょっと贅沢なものです。

これは鬼クルミを楽しむお菓子。1粒ずつ薄紙で包まれた香木実は木箱の香りがほんのり移り、口に含めばまったりとした餡と、クルミの芳ばしさと甘さとが溶け合い、黒砂糖のコクが広がります。餡とクルミの食感や風味のコントラストが、鬼クルミの味わいを引き立てます。独特の装いと深い味わいは、贈りものにも向いています。

「美は微なり」

鈴木さんの好きな言葉に「美は微なり」というものがあるそうです。「例えば同じお茶でも器によって味が違う。その微かな差こそが、奥深いと思うのです。」

私が言葉で表現しきれないもどかしさを感じる味わいは、まさにこの「微」。同店のお菓子の場合、歴史が生む力強さと人の手が生む温もりが、この「微」だと私は感じます。

<参考>
『事典 和菓子の世界』中山圭子著 岩波書店

<店データ>
「本家長門屋」本店オンラインショップあり
所在地:福島県会津若松市川原町2-10
電話番号:0242-27-1358
営業時間: 8:30~18:00

■「本家長門屋」七日町店
※カフェを併設
所在地:福島県会津若松市七日町3-30
電話番号:0242-29-7070
営業時間: 9:30~17:30
◇予算一例:
会津駄菓子「お徳用袋セット」(小)890円
会津駄菓子「一閑張詰め合せ」5,250円
※店頭ではばら売りあり

「滋養パン」4個入り580円
「香木実(かぐのきのみ)」17個入り1箱1,850円
「ふくれせんべい」3枚入り420円ほか

【鶏卵素麺のお店】
「松屋菓子舗」鶏卵素麺の遥かな旅
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。