おすすめのお茶が沢山

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/3/1/2/9/7/9/02.jpg(113333 byte)
小梅茶荘に並ぶ普シ耳茶

さらに、小梅茶荘では、各種の普シ耳茶を扱っています。生茶や熟茶、いろいろな茶餅が棚にならんでいます。もちろん奥の事務所にもお店に出されていないお茶がいろいろと溜め込まれているそうですので、主人の小梅さんあるいは、番頭の石井さん(ご主人)にお聞きしてみるといいでしょう。

そのほかにも、凍頂烏龍茶、高山茶、そして最近仕入してきたという茉莉花茶、工芸茶、健康のためにおすすめの苦丁茶などもそろっています。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/3/1/2/9/7/9/04.jpg(113333 byte)
岩茶を中心とした品ぞろえ

訪問した日は、折しも中秋節を目前にした日だったので、試飲させていただいた大紅袍や肉桂のほかに、小梅さんが中国から持ち帰ったという月餅などのお茶うけも出してくださいました。

いろいろとお話をお聞きしている間にも、お店には以前苦丁茶を購入されたというご夫妻や、お店に良く顔を出す女性がふらりと訪問し、みんなで小梅さんの淹れてくださったお茶を囲んで、いろいろとお話をしたり。

小梅さんの優しい雰囲気、そして番頭さんのふんわりとした雰囲気をそのまま表したような小梅茶荘は、こうした来訪者を優しく迎えてくれる茶荘なのでした。

近所には小さな食事処や老舗の洋食屋、ドラマで人気になった鯛焼き屋など、まさに東京の下町の風情をのこした人形町。その路地裏にぽつんとある一軒の小さな茶荘「小梅茶荘」。下町のぶらり散歩のついでに、ぜひ立ち寄ってみてください。おいしいお茶に巡り合えるはずですから。

小梅茶荘
住所:東京都中央区日本橋人形町2-32-13
電話:03-6206-2217
営業:10:00~19:00
定休:日曜日(ただし不定休)
HP:http://teachina.exblog.jp/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。