商業地の色濃い烏丸通り東側。西側は住宅地の雰囲気

錦市場
錦市場の西端。辺り一帯が商店街の様相。
前ページで挙げた百貨店はすべて烏丸通りの東側。特に四条通り北側は、飲食店・物販店やマンション等が雑多に並ぶ繁華街の様相で、休日は車や自転車での通行が難しいほど観光客でにぎわいます。リタイア後の世帯、カップル世帯などには問題ないと思いますが、子育てするには少々刺激が強いかな?というのが本音。また、四条通り北側では、週末の車の出し入れが非常に面倒(なんせ人が多いので……)なのは覚悟しておきましょう。
錦通(烏丸通以西)
町屋と集合住宅が並ぶ西洞院通。

一方、烏丸通りの西側はというと、比較的住宅地の匂いが濃いです。当然、他エリアでみるいわゆる「住宅地」と比較すると「商住混在」ですが、東側と比べてかなり人通りが少ないです。土日はやはりそれなりの人通りがありますが、それでもイベント・お祭りなどがない時(実は結構あったりしますが、詳細は「All About 京都」">「e-京都」などでご確認のほどを)は、住民以外の人通りはそれほどなく、ましてや平日はごくごく普通の住宅地並の人通りです。とはいえ、通過交通がある通りもありますので「閑静な住宅地」とまではいえませんけどもね。次ページでは、「相場」の話です。


人気も高いが、相場も高い……

四条烏丸
町屋と集合住宅が並ぶ西洞院通。

ではそんな四条烏丸近辺で住もうとすればどれほど費用がかかるのでしょうか? まず、賃貸相場をみてみましょう。
HOME'S賃貸相場で調べた周辺の相場は1LDK・2K・2DKが10~11万円、2LDK・3K・3DKが13~14万円、3LDK・4K・4DKでは15~17万円!とめっぽう高めです。ちなみに阪急京都線「烏丸」駅と京都市営地下鉄「四条」駅で各々調べると、ほぼ同じ場所にあるのに数字は地下鉄「四条」駅で検索した方が1万円以上高めに。「地下鉄沿線で探しているお客さんの方が、高い物件を検討してくれる」なんていう不動産業者さんの不文律でもあるのでしょうか? こちらに限らず、ほぼ同じ場所に駅がある場合は、双方の駅で検索してみることをお勧めいたします。

一方の新築マンションはどうでしょうか? こちらは個別要素の影響が大きいために比較はなかなか難しいのですが、京都市内では一等高い場所となっています。ただ、通常の広さだと価格が高くなるため、狭めの間取りにして販売価格を抑えている物件もあるので、広ささえ気にしなければ3,000万円台でも購入可能です。

子育て世帯も注目!

四条高倉下る
散歩の楽しそうな街並みはリタイア層やカップル世帯にもってこい。そんなエリアが、実は教育にも先進的。
交通至便で買物天国。なんだかリタイア層やカップル世帯向けで「子育てって感じでもなさそう」って思われた方、ちょっと待ってください! 実は、このあたり教育面でも特筆すべき場所なんです。ソレは何かといいますと……。

四条烏丸近辺でも四条通りより北側のエリアに限る(一部四条通沿い除く)のですが、御池中学校と、高倉小学校御所南小学校は小中一貫校なんです。一貫教育というと中高一貫の私立のイメージが大きいですが、こちらは「小中一貫」で、しかも「公立」です。御池中学校のサイトを、よーく見てください。「6年・7年・8年・9年」という表記がありますよ。小中一貫教育の良さ等は別の場所に譲るとしますが、このような新しい取り組みを積極的に行っている街って活気が感じられますよね。

仕事や遊びで京都・大阪・神戸とハシゴして「三都物語」なんて言った経験のある方もいらっしゃるでしょうが、各々の中心地である梅田周辺や三宮周辺は、最近でこそタワーマンション等で住宅の供給もありますが基本的には「訪れる街」。それに比べてほぼ中心部である四条烏丸周辺は「訪れる街」でもあり「住まう街」でもあります。観光などで行かれた際は一度「住んでみる」という目で眺めてください。今まで見えなかったものが見えてくるかもしれないですよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。