築浅マンション多し~山手幹線沿い

高級住宅街=戸建街のイメージが強いですが、どこのエリアでも幹線道路沿いはマンションが多く、ここ岡本も例外ではありません。阪急線とJR線の間を通る山手幹線沿い、特に駅から西側のあたりには築年数の浅い新しいマンションが立ち並びます。
山幹沿い1
整備された歩道と片側2車線の山手幹線。駅前以外は一戸建も散見される。
山手幹線、西側
住吉川にほど近い坂道沿いには多くの分譲マンションが立ち並ぶ。
賃貸マンション
分譲マンションに比べて階高が低い賃貸マンション。1階を店舗としている物件も多い。
天上川沿い
駅の西側を流れる天上川沿いの街並み。山までの距離が近く、住宅地が山まで食い込んでいるのがよくわかる。


山手幹線と阪急線に挟まれた狭いエリアは商業がメインのエリアとなっており、阪急「岡本」駅周辺の住宅地は北方向の阪急線~六甲山間エリアがメインとなります。というわけで閑静な住宅街として人気の高い阪急「岡本」駅北側の街並みを東側から順に紹介いたします。

街路の狭い瀟洒な街並み~北東エリア

駅の北東側は街路が狭い箇所が多く、また商業施設等がないため閑静な街並みです。
個性的な家
ハウスメーカーが建てた画一的な家が少なく、かといって突飛なデザインの家があるわけでもない。トーンを抑えた個性的な家が多い。
登山客
山へと向かう一本道。前方には「一人登山客」がポツリ、ポツリ。
山の近くの住宅
山際まで住宅がある。一番山際はひな壇状のマンション。右手前の屋敷はかなりの年代モノ。
入り組んだ街路
街路は狭いが家は大きい。どの家もきれいに手入れされている。
松が格好いい
昔ながらのお宅が残る一角。門扉にかかるように植わっている松の木が気品を感じる。
遊波館
武家屋敷のような佇まいの「遊波館」。「遊波」は「UHA味覚糖」の「ゆうは」らしい。
マンション
マンションもないわけではない。3階建ての集合住宅は周囲に溶け込み違和感はない。

続いて最後のページでは「岡本」駅北西エリアを紹介いたします。