こんな病気が疑われます

不夜城
24時間型の社会になって、睡眠と覚醒のリズムが乱されやすくなりました
体内時計のリズムと睡眠促進物質の量によって、私たちの睡眠と覚醒がコントロールされていることを 「睡眠のメカニズムとリズム」 でご紹介しました。

しかし最近では、体内時計を昼夜24時間の環境に合わせられなかったり、社会的な要求のために、体内時計を無視した生活をせざるを得なくなったりして、睡眠と覚醒のリズムを壊してしまう人が増えてきました。

自分が望む時間帯に眠られず、逆に不都合なときに眠気が襲ってくる状態を、概日リズム睡眠障害 といいます。もし、下にある病気で当てはまるものが見つかれば、早めに 睡眠障害の専門医療機関 を受診しましょう

・ 時差がある地域への旅行の後に出現
 → 時差症候群

・ 交代性勤務や不規則勤務に従事している
 → 交代勤務症候群

・ 睡眠の時間帯が遅いほうにずれている
・ 極端な宵っ張りの朝寝坊
・ 昼夜が逆転
 → 睡眠相後退症候群

・ 朝、早くに目覚めて、その後は眠れない
・ 夕方や夜の早い時間から眠くなる
 → 睡眠相前進症候群

・ 就寝と起床の時刻が、毎日1時間ずつ遅くなる
 → 非24時間睡眠覚醒症候群

・ 眠っている時間と目覚めている時間がバラバラ
 → 不規則型睡眠覚醒パターン

気になる症状が当てはまった人は、一度 睡眠障害の専門医 で診てもらいましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項