眠れない人と眠り過ぎる人……大きく4つの睡眠障害

不眠
夜はグッスリ眠って、朝はスッキリ目覚め、昼間も眠くなければ、あなたの睡眠に大きな問題はないでしょう
睡眠の障害には、大きく分けて4つのタイプがあります。

■ 不眠症
眠れない状況によって、寝つきが悪い「入眠障害」、夜中に目が覚めてしまう「中途覚醒」、朝早くに目が覚めてしまう「早朝覚醒」、眠った気がしない「熟睡障害」があります。

■ 過眠症
日中、異常に強い眠気が起きる状態です。不眠のために、過眠を起こすこともあります。時には、重大な事故の原因となることがあるので、要注意です。

■ 睡眠覚醒リズム障害
人は長い歴史を通して、昼間は活動して夜に眠るというパターンを身につけました。しかし、最近の社会環境の変化によって、この睡眠と覚醒のリズムが壊れてしまう人が増えています。

■ 睡眠時随伴症
寝言を言ったり、寝ぼけたりすることは、健康な人にもあることです。しかし、物を壊したり人に危害を加えたり、知らないうちにものを食べたりするようなら、病気の可能性があります。

眠りに関する悩みを持っている人は、自分の症状に当てはまる睡眠障害を見つけて、早めに対処しましょう。


■ 睡眠障害の種類別 詳細解説

1. 眠れない・寝つきが悪い・眠りが浅い >>
不眠の原因となる病気をご紹介します。

2. 過眠・眠気が取れない・目覚めが悪い >>
過眠症や起床障害の見分け方をご紹介します。

3. 昼夜逆転・睡眠時間帯の異常 >>
睡眠と覚醒のリズムを障害する病気をご紹介します。

4. 歯ぎしり・寝言・金縛り・悪夢 >>
睡眠中の異常現象が起こる理由をご紹介します。

睡眠障害は、日本人の2割以上の人が悩んでいます。また、睡眠障害による経済的損失の試算によれば、眠気による作業効率の低下や事故のために、日本全体で年間3兆3千億円も失われています。これは、放っておけない問題ですよね。眠りに悩みがある人は、1日も早く原因を見つけて、しっかり対処しましょう。

まず、不眠について見てみましょう。
1. 眠れない・寝つきが悪い・眠りが浅い >>
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項