ご近所ママ友との気軽なお付き合いのポイント

本来、その家のペースで、その家らしい生活するのががいちばん心地よい暮らし方。その暮らしを実現するために、マイホームを手に入れたのではないでしょうか。

近所のママ友付き合いが濃くなりすぎると、お互いの鍋釜、財布事情まですべて見えてしまいます。すると、お互いの暮らしが気になり始め、「わが家らしさ」を見失ってしまいます。

こうした落とし穴にはまらないためには、ご近所で仲良くなった人とは、次のようなポイントを忘れないようにしましょう。
  • 「いつでも一緒」の不文律はをつくらない、巻き込まれない
  • お金にまつわる話はうまくかわす、深く突っ込まない
  • 子どもや家計などを比較しない、その話題に乗らない
  • 気が乗らなければ「断る」勇気を持つ、気が乗れば自分から誘う
サエコさんのように濃くなりすぎた関係でも、自分から少しずつ“薄めて”いくように心掛ければ、もっと気楽に付き合っていくことができるでしょう。距離が近く、住環境のに通った集合住宅では、特に「お互いに踏み込まない意識」を強く持つことが大事です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項