ナイアシン (ビタミンB3)の役割

お肉も大切な栄養源。なんでもバランスよく食べたいですね。

お肉も大切な栄養源。なんでもバランスよく食べたいですね。

一般的にナイアシンと呼ばれるビタミンであり、炭水化物から活動のエネルギーを作り出すなど色々な代謝に欠かせません。

ナイアシンの欠乏症

不足するとペラグラ(皮膚炎・下痢・認知症)、成長障害を起こすことが知られています。日本で欠乏は稀ですが、慢性アルコール中毒の人などに見られることがあります。ナイアシンはコレステロールの改善に使われることがあり、特に善玉コレステロールを上げる働きがあるといわれています。
 

ナイアシンの過剰摂取

ナイアシンを過剰摂取すると顔が赤くなったり、むずかゆくなる場合があります。慢性的な過剰摂取は胃腸不良や肝臓にダメージを与えることがあり、日本人の食事摂取基準でも耐容上限量が設けられています。