広告
広告やパンフレットに書かれている居室の広さだけで老人ホームを比較しないで

居室の広さに目を奪われる

だいたいの老人ホームの広告やパンフレットには、居室の広さ・値段・場所が書いてあります。これらの情報を他のホームと比較して「へぇー、こんなところにこの値段でずいぶん広い居室なんだな」と感じたところを中心に見学している方が多いのではないでしょうか?

大切なのは共有スペース

しかし、実際にホームで生活をしてみると、居室の広さをあらわす平米数はあまり重要ではないように感じました。それ以上に大切だと感じたのはゆったりとした共有スペースです。自分の居室はあくまでも寝室と考え、日中はほとんど居室の外で過ごした方が充実した老人ホーム生活を過ごせるのではないかと考えたからです。老人ホームに入居するメリットのひとつに人とのふれあいがあります。他の入居者さんやケアスタッフさんたちと交流することで、自宅生活では味わえない充実した日々が送れるのではないかと思います。その意味で、広い居室よりも広い共有スペースが大切だと考えております。