介護施設や老人ホームにはどんな種類があるの?
介護施設や老人ホームは、どう選べば良いのでしょうか?

介護施設や老人ホームは
大きく2つに分けられる

介護施設や老人ホームは、「介護保険の施設サービス」と「それ以外のサービス」の2つに分けることができます。

■介護保険の施設サービス
■それ以外のサービス
  • 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)……認知症の高齢者が5~9人以下で共同生活をする。介護保険の「地域密着型サービス」の一つ。
  • 養護老人ホーム……65歳以上で、心身上の障害および低所得などの経済的理由から家庭での養護が困難と認められた人を対象とした施設。
  • 軽費老人ホーム(ケアハウス)……身体機能の低下や、独立して生活するには不安があり、家族による援助を受けるのが困難な60歳以上の人を対象とした施設。
  • 高齢者専用賃貸住宅……高齢者を対象とした賃貸住宅で、公営・民間でさまざまなタイプがある。介護が必要になった場合は、在宅介護サービスなどを利用する。
  • 有料老人ホーム…… 日常生活のサービスを行う。健康な人のみを対象としたものから、終身介護をめざすものまで、内容はさまざま。
年齢や要介護度によって、利用できる施設は異なります。介護施設や老人ホームの一覧については、下記をご覧ください。
入居サービス一覧

有料老人ホームの種類

ここ数年、急増している有料老人ホーム。対象となる人や介護サービスの内容によって大きく3つに分けることができます。

■健康型
自立した高齢者のみが対象。露天風呂やトレーニングルームをはじめ、元気な人が暮らしを楽しむための施設が充実しているところが多い。食事などのサービスは提供されるが、介護が必要になったら退去しなければいけない。

■住宅型
介護が必要な人、不要な人の両方が対象。食事などのサービスは提供されるが、介護サービスは提供されない。介護が必要な人は、外部の介護事業者と契約して、訪問介護などのサービスを受けることになる。

■介護付
介護が必要な人、不要な人の両方が対象。老人ホームのスタッフが、食事などだけでなく、入浴や排泄など日常生活全般の介護サービスも提供する。ホームが委託する介護事業者が介護サービスを提供する(外部サービス利用型)ホームもある。

介護施設や老人ホームの選び方

介護施設や老人ホームを選ぶときには、さまざまなチェックポイントがあります。そのなかでも特に重要なものをご紹介します。

■対象者
要介護度によって、利用できる介護施設や老人ホームは異なります。まず、入居が可能かどうかを確認しましょう。

■入所期間
老健や生活支援ハウスなど、入所期間が短く設定されているものがあります。将来的にずっと施設での生活を希望する場合、最初から特養のような長期入所を受け入れる施設に申し込むか、老健などを一時的な「つなぎ」として使いながら、特養などが空くのを待つのかなど、計画を立てる必要があります。

■費用
「入居一時金」「月額利用料」がそれぞれいくらかかるのか、それは本人の年金や預貯金でまかなえるのか、家族が金銭的に援助する必要があるのかを確認、検討しましょう。有料老人ホームの場合、入居時一時金が数百~数千万円、月額利用料が十数~二十数万円かかる場合が多いため、十分に資金計画を立てる必要があります。

■どこまで介護してくれるのか?
「終の棲家」と考え、高い費用を払って有料老人ホームに入居したのに、介護が必要になったら退去させられたというケースは少なくありません。「介護付」となっていても、胃ろうなどの医療措置が必要になったら、退去しなければいけない場合も。元気なときのことだけでなく、病気になったとき、認知症が進んだときなどに「どこまで介護してくれるのか?」を確認しましょう。

このほか、実際に入居することになる本人とともに施設を見学に行ったり、可能であればショートステイなどを利用して実際に施設でのサービスを試してみるなどして、馴染めそうかどうかを判断しましょう。

介護施設や老人ホームの選び方について、詳しくは下記をご覧ください。
入居サービスの選び方
有料老人ホームを選ぶポイント

老人ホーム選びについての本もいろいろと出版されています。なかでも、次の3冊はおすすめです。
介護型、自立型などタイプ別でみる 全国・有料老人ホームランキング1001 (週刊ダイヤモンドBOOKS)
やっぱりあぶない、有料老人ホームの選び方―お金と老後を守る「虎の巻」
介護施設にだまされるな! ―かかる費用と選び方がわかる

介護施設・老人ホームの検索サイト

介護施設や老人ホームについて、さまざまな条件で検索できるホームページをご紹介します。

介護サービス情報支援センター(社団法人シルバーサービス振興会)
あいけあ
マップで探す介護施設
探しっくす

免責事項