お薬の使い方などをお話しする時に、よく耳にする専門用語があります。「用法用量を守ってお使いください」などテレビから流れてくるフレーズですが、聞き慣れているせいかあまり疑問に思わないのではないのでしょうか。調べてみると意外と知らなかったこともあるかもしれません。

これまでも、所々で説明して来たものもありますが、用語解説ということでまとめてみました。今後の記事でも引用していこうと考えています。今回はよく使う用語をまとめてご紹介です。

【お願い】
「みんなの薬用語辞典」では、一般ユーザーの皆さまにとって、役に立つ辞典になる事を目指しています。専門家がサラッと普通に使っている言葉でも、「それは何?」という事があるかもしれません。ユーザーの視点で気になる言葉などがございましたらe-mailにてどしどしお寄せください。随時追記してゆきます。


【更新情報】
  • 添付文書(てんぷぶんしょ)








  • 一般名(いっぱんめい)

  • 一般用医薬品(いっぱんよういやくひん)

  • 医療用医薬品(いりょうよういやくひん)

  • インタビューフォーム




  • 禁忌(きんき)

  • 効能・効果(こうのうこうか)

  • 後発品(こうはつひん)




  • ジェネリック

  • 商品名(しょうひんめい)

  • 使用上の注意(しようじょうのちゅうい)

  • 成分名(せいぶんめい)

  • 説明書(せつめいしょ)

  • 先発品(せんぱつひん)




  • 添付文書(てんぷぶんしょ)




  • 薬理作用(やくりさよう)

  • 用法・用量(ようほうようりょう)