【一般名】

(いっぱんめい)

医療用の場合は「一般名」、一般用医薬品の場合には「成分名」と呼ばれている事が多いです。薬の呼び方はいろいろな種類があり、商品名をさして呼ぶ事もあれば効果を示す成分の事をさす事もあるが、一般名とは働きをしめす成分の名称の事を指しています。




薬の専門用語辞典Topへ