【後発品】

(こうはつひん)


医療用医薬品の分野で、特許がきれた成分を使って医薬品開発費を抑えて作られてきた製品で、後発品とかジェネリックと呼ばれています。薬価と呼ばれる値段も、オリジナルの製品よりも安くなっています。しかし、医薬品分野の進歩のためには適正な利益が必要であり、値段が安い後発品がよいばかりとは言いきれません。




薬の専門用語辞典Topへ