べにふうき緑茶


日本で、アッサム雑種の紅茶「べにほまれ」とダージリン系「枕cd86」によって作られました。カテキン含量が多く、メチル化カテキンを多く含んでいます。
カテキンとカフェインが豊富であるため、苦味があります。

メチル化カテキンは、茶の主要カテキンで、エピガロカテキンガレートがメチルエーテル化された物質です。肥満細胞のIgEに結合する部分を抑えること、ヒスタミンの放出の抑制によってアレルギーを抑えると報告されています。抗酸化効果も報告されています。

茶の主要カテキンであるエピガロカテキンガレートは、そもそも、腸管からの吸収が非常に少なく、折角茶を飲んでも、ほとんど便より排出され、また、尿共に、1日で出ていきます。しかし、メチル化カテキンは、吸収がよく、脂に溶けやすいことから、体内に残りやすくなっていますので、効果が期待できます。

茶を飲むことでアレルギーの症状はよくなるのでしょうか?
通年性アレルギー性鼻炎の患者への効果

べにふうき緑茶を6ヶ月以上投与して、症状に改善が見られ、血液中のIgEと好酸球が減少したと報告されています。
スギ花粉症でも、べにふうき緑茶を飲んでいる人と飲んでいない人を比較すると、スギに対するIgEと血液中の好酸球数は、スギの時期に、飲んでいない人では増加しましたが、飲んでいる人は変化しませんでした。

もちろん、「茶」の効果は個人差が大きいので、注意してくださいね。

とはいえ、身近な食材が、治療の1つになりうる医食同源から試してみてもいいかもしれません。




豆知識
タンニン:植物に由来し、タンパク質、アルカロイド(窒素原子を含み、塩基性を示す有機化合物)、金属イオンと反応し強く結合して塩となる水溶性化合物。苦味、渋味を示す。


食事療法
食事療法
卵を制限してアトピー対策
牛乳を控えて食事対策
大豆を控えたアトピー対策


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項