食事療法の各論として、それぞれの食品に対する説明をしていきます。まず今回は、2歳までのアトピーの原因として最も多い「卵」から。成分に注目して対策を考えてましょう(アトピーの原因をご参照してください)。

卵とアトピーの関係

アトピーの原因の一つが卵
卵は一般的に、「鶏卵(けいらん:にわとりの卵)」を指し、黄身と白身に分かれます。

黄身はアレルギーを起こす力が弱く、アトピーの原因は白身がほとんど。卵の白身はたん白質が主。たんぱく質は一般的に火を通すと性質が変わってしまい、アレルギーを起こす力が弱まります。つまり、加熱すると白身のたん白質の構造が変わるので、調理方法によって卵料理が食べることができるようになる。となりますが、卵は例外。

卵の白身の成分には、熱に強いオボムコイドが含まれているのです。オボムコイドは、加熱しても変わらないたん白質。つまり、血液検査でオボムコイドに陽性反応がみられたら(後述します)、火を通して白身を食べても、アトピーが出る可能性が高いのです。

ますは卵が原因かどうか検査しましょう

検査方法は血液検査などがあります(アトピーの検査をご参照ください)。血液検査で調べる場合、卵の中では、卵白・卵黄・オボムコイドという項目があります。

卵黄は「黄身」ですが、通常の血液検査セットの中に入っていません。なぜなら、卵黄はアトピーの原因としては少ないからです。

卵白は「白身」。この白身に前述の「オボムコイド」という成分が含まれています。オボムコイドは加熱しても変わらないたん白質。つまり、血液検査でオボムコイドに陽性反応がみられたら、火を通しても白身を食べるとアトピーが出る可能性が高いと考えられます。

どんな卵料理なら食べられる?

卵の含むものには注意。購入する場合には、パッケージの表示をよく確認しましょう
  • オボムコイドと卵白が陽性反応を示している人
    :ケーキやクッキーなどの卵を含む物でかゆくなることがあります。よって、卵そのものと卵を含むものをすべて食べない方がいいでしょう。


  • 卵白が陽性反応で、オボムコイドの陽性反応は弱い人
    :卵焼き、オムライスなどの卵の料理でかゆくなることがあります。よって、卵を含む程度なら少し大丈夫ですが、卵料理や卵そのものは食べない方がいいでしょう


  • 卵白は陽性反応、オボムコイドは陰性反応である人
    :生卵だけを食べるとかゆくなることがあります。よって、生卵はだめですが、火を通せば食べれるかもしれません

卵を加熱して食べれるかどうかを判断するために一番いい方法は、オボムコイドの反応を見ることです。しかし、オボムコイドが陰性でも加熱卵食品でアトピーが悪くなることがあるので、食物の種類と調理には注意が必要です。現在、卵は食品の表示義務がありますので、食品を買う場合、表示に注意しましょう。

卵を除いても、おいしい料理は作れますので、症状に応じて卵を制限しましょう。料理の仕方の本を、食事療法でも紹介しているのでご覧ください。


■豆知識
オボアルブミン:卵白に含まれるたん白質で、アレルギーを起こす成分。動物実験などで、マウスにアレルギーを起こすのに使用されている。熱に対しては弱い。

オボムコイド:卵白に含まれるたん白質で、アレルギーを起こす成分。熱に強く、耐熱性をもつ。


アトピーの治療シリーズ
【第1回】ステロイド
【第2回】食事療法
【第3回】スキンケア
【第4回】ダニ対策(梅雨に向けて) 【第5回】カビ対策(梅雨に向けて)
【第6回】内服薬
【第7回】免疫抑制薬
【第8回】卵を制限してアトピー対策



<参考リンク先>
食事療法(All About[アトピー])

子供を喘息にしないための3ポイント(育児中編)(All About 子供の健康)

おおたクリニック

アレルギー物質を含む食品に関する表示について
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項