アレルギーにいいと言われている食品の一つに、毎日手軽に飲むことができるお茶が含まれていることをご存知でしょうか? お茶の成分には、アレルギーに効果があると言われているものが含まれています。もうすぐ新茶の季節。今回は茶の有効性について解説したいと思います。

お茶に関する基礎知識

植物の葉や実を乾燥させたものを湯で煎じて飲む飲料が「茶」です
本来は茶の木から作られる飲み物ですが、茶葉を使用しない飲料も総じて「茶」と呼ばれています。多くは、植物の葉や実を乾燥させたものを煎じて使用します。

茶葉には、いろいろな成分が含まれています。特に共通して含まれいるのがカテキンとビタミンです。

  • タンニン(カテキン類)
  • ビタミンC
  • テアニン(アミノ酸)
  • カフェイン
  • ポリフェノール

  • など


特に、ビタミンCは、コラーゲンを作るのに必要です。ビタミンC不足は、肌荒れの原因になり、アトピーの湿疹がひどくなります。カテキンは、血圧や血糖値を下げたり、アレルギーを抑える作用があると言われています。