音楽を聴くと元気になるのはなぜ?

others040326019
落ち込んだときの
テーマソングを持っていますか?
落ち込んだときや疲れたとき、「音楽に助けられた」という記憶のある人は多いですよね。かくいうガイドも、失恋のときのBGMは、サイモン&ガーファンクル、オフコースと決まっていたものです。

さて、音楽が与えてくれるパワーはすごいものです。音楽評論家の湯川れい子さんも、著書『音楽力』で、音楽を聴くと“少し元気”になるわけについて語っています。

それは、音楽のリズムが心臓や脳に働きかけ、私たちの心身のホメオスタシス(定常性)を活性化させるからなのだそうです。しかしそれには、そのときの心理状態に本当にぴったりマッチした曲を聴くことがポイントなのです。


悲しいときには、
なぜか悲しい曲ばかり・・・

m_nature040326013
悲しい曲が、ローな気分をなぐさめてくれる
私は、気分が沈んでいるときには、スローテンポの曲を選んで聴いています。先述したサイモン&ガーファンクルの『サウンド・オブ・サイレンス』、オフコースの『忘れ雪』などは、定番中の定番です。

「落ち込んだときこそ、陽気な音楽を聴いて盛り上がろう!」という気分になってもいいはずなのに、どうして悲しい曲ばかりを選んでしまうのでしょう。次のページで解説します。

次のページでは、音楽療法の基本中の基本、「同質の原理」についてお話いたします>>次のページへ