「同質の原理」が
落ち込んだ心を癒す

others-0000
落ち込んだ人に、無理やり明るい曲を勧めていませんか?
実際、落ち込んだときに、スローな曲を聴くとちょっとなぐさめられた、気分がよくなった、という人は多いと思います。逆にハイテンポな曲を聴くとどうでしょう? 雑音にしか聞こえない、違和感を感じてますます落ち込んでしまうのではないでしょうか。

たとえば失恋中の友達を慰めるために、ロックのコンサートに行こうと誘ったり、CDを貸す人も多いですが、実はこれは逆効果なのです。それは、音楽と心理の関係には、「同質の原理」があるからなのです。

「同質の原理」というのは、聴く人の心の変化に合わせて選曲すること。これは、音楽療法の最も基本となる原則です。この原理によれば、悲しい気分のときにはまず悲しい曲を聴き、徐々に明るいムードの曲にシフトさせていけば、落ち込みから少しずつ脱することができるというわけです。


音楽は心理状態に合わせて
吟味すべし!

nature040326015
求める音楽は、人それぞれに違うもの
よく、老人ホームで明るい童謡を合唱させることがありますが、これによって気分がよくなる人ばかりではないと思います。童謡で昔をなつかしく思えるほど、心に余裕のある人ならいいでしょうが、沈んでいる人は違和感を感じることも多いのではないでしょうか?

自分に合う音楽は、そのときの心理状態、生きてきた歴史、個性などによってに違うものです。相手の心理状態をよく理解せずに「この人にはこれ」と一方的に曲を聴かせると、人を追い詰めることにもなりかねないのでご注意を!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項