大腸がん予防に役立つものは!?

禁煙、お酒は控えめに!
禁煙、お酒は控えめに!
がんの予防についての研究がたくさん行われると、今まで常識だったものが覆ったりすることがあります。今回がその良い例ですね。

逆にいうと、こんなにトピックを取り上げてなんですが、『盲目的な信用はだめ!』ということです。教科書に載っているようね常識がひっくり返ることがあるかもしれないということです。

では、できるだけ大腸がんにならないようにするためにはどうすればいいでしょうか?

まず、一応、1日一合以上の飲酒は大腸がんのリスクを増やすこと、また喫煙すると大腸がんのリスクが増えるといわれていますので、できるだけ、タバコ・お酒は控えめにして下さいね。(詳しくはこちらへどうぞお酒・たばこと大腸がんの関連について --概要-- )そして、『わずかですが多分リスクを下げるといわれている』野菜・果物を種類をたくさん摂るようにしましょう。適度な運動も効果的と思われます。

そしてもう一つ。大腸がんは早期発見できれば、他の癌に比べて比較的予後が良いのが特徴なので、40歳以上の方はぜひ、年に1度検診を受けてくださいね。(大腸がんの症状などについては急増中!大腸がんに要注意 を御覧下さい。)

・でも、実際がんになった人に対して、お医者さんはどんなことを考えているのでしょうか?それを解説したガイドの新刊『生命の羅針盤 -医師である娘が末期がんの父を看取るとき』はこちら。



*関連おすすめINDEX*
  • 急増中!大腸がんに要注意
  • 和食でも大腸がんになりやすい?
  • ※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
    ※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
    免責事項