健康はやっぱり健康的な食生活から!
前立腺がんは、日本ではまだ患者数が少ないのですが、最近では急に増え続けています。アメリカでは10年以上前から肺がんを抜いて、前立腺がんが男性に最も多いがんになっています。今後、日本でも似たような傾向がみられるのではないかと考えられています。

前立腺がんのほとんどは60歳以上の人にみられます。日本人の寿命が延びていることにも関わりがあります。また、前立腺がんに血液検査を使うようになったために、がんの早期発見が進んでいるとも考えられてます。


前立腺がんと食事・栄養

前立腺がんは食事との関連性が示唆されています。今回は前立腺がんを予防するために知っておきたい食事、サプリメントをご紹介します。

■食物繊維をしっかり摂取しよう
水溶性食物繊維をたっぷり食べると前立腺がんになるリスクが下がるとされています。食物繊維は、テスタストロンなどのホルモンに作用し、前立腺の働きに影響するともいわれています。水溶性食物繊維は、押麦、大麦めん、オートミール、全粒粉、ライ麦、きんかん、アボカド、うずら豆、インゲン豆、そらまめ、あずき、納豆、さつまいも、なめこ、甘栗、えだまめ、オクラ、ごぼう、千切り大根などに豊富に含まれます。

白米や白パン中心の生活を見直し、雑穀パン・雑穀米、芋・豆・ごぼう・千切り大根などを使った昔ながらの食生活を試みることで水溶性食物繊維が十分に取れるようになります。

■乳製品からのカルシウムの取りすぎは問題も
過剰な量の乳製品からのカルシウム摂取は前立腺がんとの関連性が示唆されています。日本人には不足し易い食品ですのであまり心配する必要はないケースが多いと思いますが、どんな食品でも食べすぎは避けるようにしましょう。

次のページでは、引き続き食事と栄養について紹介します。