栄養管理/がん予防のための栄養管理・サプリメント

5つの食材でがん予防!(2ページ目)

がんリスクを下げる効果が期待できる5つの食材を紹介します。日頃から馴染みのある材料を選んでいますので、今日の料理にすぐに活用できること間違いなしです!

一政 晶子

執筆者:一政 晶子

管理栄養士・米国登録栄養士(RD) / 栄養管理・療養食ガイド

1日にテニスボール5~9個分の野菜・果物でがんを予防する!

生の野菜・調理済みの野菜、色々な調理法で楽しく食べよう!
1サービングの目安は、サラダに使うような葉野菜の場合は野球ボール1個分、調理済み・カットした野菜の場合はテニスボール1個分です。カット・丸ごとフルーツも同じくテニスボール1個分が1サービングです。サービングという単位で説明してもピンと来ない人も多いので、アメリカでは野球ボールやテニスボールを例にして説明することが多いです。

がんを予防する為には、1日当たり、調理済み・カットした野菜、フルーツならテニスボール5~9個分、生の葉野菜なら野球ボール5~9個分の摂取が勧められています。


9サービングの野菜・果物でがんを予防する献立例

がんを予防する野菜の食べ方に疑問を持っている人もいると思います。「生で食べた方がいい」、「調理して食べた方がいい」と聞いたことがあるかもしれませんが、調理方法にこだわって、真夏の暑いときに鍋物で野菜を食べたり、冬の寒いときにサラダを食べていては楽しくありません。大切なのはTPOに合わせて色々な種類の野菜・果物をたっぷり食べることです。

がん予防には、毎日5サービング以上食べる必要があります。以下で野菜・フルーツを9サービング分使う食べ方をご紹介します。

■朝食 2サービング: 朝は、生の野菜・フルーツを使って素早く準備。
ピザトースト、牛乳、目玉焼き、いちご約5~6個、野球ボール1個分のサラダ。

■昼食 3サービング: 昼は、副菜たっぷり和食のお弁当。
さばの煮付け、玄米に、テニスボール各1個分のかぼちゃの煮付けとリンゴ、テニスボール各1/2個分のほうれん草のおひたし、いんげん豆のごまあえ。

■夕食 4サービング: 夜は、ことこと煮込んで作るお料理。
ライス、スープ、ロールキャベツのトマトソース煮。ロールキャベツのテニスボール2個分のキャベツ、テニスボール1個分のトマト、テニスボール各1/2個分の玉ねぎとセロリ。

どれくらいの野菜・フルーツを食べればよいか感覚がつかめましたか? 今回紹介した5つの食材をはじめ、色々な種類の野菜を積極的に活用してがん予防を心がけましょう。

これからの記事で、がんを予防する食材を活用したレシピもご紹介していきます。お楽しみに!


【参考にした情報】
米国国立がん研究所(英語サイト)
5 to 9 A Day Program(英語サイト)
Dole Food Facts(英語サイト)
がん予防ハーバードセンター:ハーバード大学パブリックヘルス(英語サイト)
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます