原稿用紙をカラフルに変身させる

先ほど作った原稿用紙は、じつは、ヘッダー/フッターの編集モードで、オートシェイプの四角形を組み合わせて作られています。そこで、ヘッダーとフッターの編集モードに切り替えて、オートシェイプの線色を変更する手順となります。

1. [表示]→[ヘッダーとフッター]を選択します。

[表示]→[ヘッダーとフッター]を選択します。
[表示]→[ヘッダーとフッター]を選択します。


2. ヘッダーとフッターの編集モードに切り替わったら、原稿用紙のマス目をクリックします。

ヘッダーとフッターの編集モードに切り替わったら、原稿用紙のマス目をクリックします。
ヘッダーとフッターの編集モードに切り替わったら、原稿用紙のマス目をクリックします。


3. マス目が選択されます。じつは、マス目はオートシェイプの四角形で作成されています。

マス目が選択されます。
マス目が選択されます。


4. そのままの状態で右クリックし、[オブジェクトの書式設定]を選択します。

そのままの状態で右クリックし、[オブジェクトの書式設定]を選択します。
そのままの状態で右クリックし、[オブジェクトの書式設定]を選択します。


5. [オートシェイプの書式設定]ダイアログボックスが表示されたら、[色と線]タブに切り替えます。
6. [線]の[色]で色を選択します。ここでは「ピンク」を選んでみました。
7. [OK]ボタンをクリックします。

[色と線]タブで[線]の[色]を指定します。
[色と線]タブで[線]の[色]を指定します。


8. 原稿用紙のマス目がピンクになります。ただし、外枠がまだ緑色のままです。

原稿用紙のマス目がピンクになります。ただし、外枠がまだ緑色のままです。
原稿用紙のマス目がピンクになります。ただし、外枠がまだ緑色のままです。


9. 緑色の外枠にマウスポインタを合わせます。この外枠も、オートシェイプで作られています。

緑色の外枠にマウスポインタを合わせます。
緑色の外枠にマウスポインタを合わせます。


10. 緑色の外枠をクリックして選択します。

緑色の外枠をクリックして選択します。
緑色の外枠をクリックして選択します。


11. そのままの状態で右クリックし、[オートシェイプの書式設定]を選択します。

そのままの状態で右クリックし、[オートシェイプの書式設定]を選択します。
そのままの状態で右クリックし、[オートシェイプの書式設定]を選択します。


12. [オートシェイプの書式設定]ダイアログボックスが表示されたら、同様に線の色で「ピンク」を指定します。
13. [OK]ボタンをクリックします。

[オートシェイプの書式設定]ダイアログボックスが表示されたら、線の色で「ピンク」を指定し、[OK]ボタンをクリックします。
[オートシェイプの書式設定]ダイアログボックスが表示されたら、同様に線の色を指定し、[OK]ボタンをクリックします。


14. すべての線がピンクになりました。[ヘッダーとフッター]ツールバーの[閉じる]ボタンをクリックし、本文の編集に戻します。

すべての線がピンクになりました。[ヘッダーとフッター]ツールバーの[閉じる]ボタンをクリックし、本文の編集に戻します。
すべての線がピンクになりました。[ヘッダーとフッター]ツールバーの[閉じる]ボタンをクリックし、本文の編集に戻します。


15. ピンクの原稿用紙が完成しました。

ピンクの原稿用紙が完成しました。
ピンクの原稿用紙が完成しました。


作成手順は以上です。もちろん、色はピンクでなくてもかまいません。好きな色で試してみてください。あとは、印刷すればカラフル原稿用紙の完成です。お試しアレ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。