原稿用紙ウィザードで作る

まずは、「原稿用紙ウィザード」という機能で、縦書きの400字詰め原稿用紙を作ってみましょう。カラフル化は、そのあとで。

1. [ファイル]→[新規作成]を選択します。

[ファイル]→[新規作成]を選択します。
[ファイル]→[新規作成]を選択します。


2. [新しい文書]作業ウィンドウが表示されたら、[このコンピュータ上のテンプレート]をクリックします。

[このコンピュータ上のテンプレート]をクリックします。
[このコンピュータ上のテンプレート]をクリックします。


3. [テンプレート]ダイアログボックスが表示されたら、[論文・報告書]タブに切り替えます。
4. [原稿用紙ウィザード]を選択します。
5. [OK]ボタンをクリックします。

[論文・報告書]タブの[原稿用紙ウィザード]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
[論文・報告書]タブの[原稿用紙ウィザード]を選択して[OK]ボタンをクリックします。


6. 原稿用紙ウィザードが起動したら、[次へ]ボタンをクリックします。

原稿用紙ウィザードが起動したら、[次へ]ボタンをクリックします。
原稿用紙ウィザードが起動したら、[次へ]ボタンをクリックします。


7. 用紙サイズを指定します。ここでは[B5]を指定しました。
8. [印刷の向き]では[横]を指定します。
9. [次へ]ボタンをクリックします。

[B5]と[横]を指定して[次へ]ボタンをクリックします。
[B5]と[横]を指定して[次へ]ボタンをクリックします。


10. [字詰め]を指定します。ここでは[20字×20行]を指定しました。
11. [文字方向]は自動的に[縦書き]となります。
12. [次へ]ボタンをクリックします。

[20字×20行]と[縦書き]を指定して[次へ]ボタンをクリックします。
[20字×20行]と[縦書き]を指定して[次へ]ボタンをクリックします。


13. [マス目]を選択します。
14. [次へ]ボタンをクリックします。

[マス目]を選択して[次へ]ボタンをクリックします。
[マス目]を選択して[次へ]ボタンをクリックします。


15. [ページ番号を印刷しない]をオンにします。
16. [次へ]ボタンをクリックします。

[ページ番号を印刷しない]をオンにして[次へ]ボタンをクリックします。
[ページ番号を印刷しない]をオンにして[次へ]ボタンをクリックします。


17. [完了]ボタンをクリックします。

[完了]ボタンをクリックします。
[完了]ボタンをクリックします。


18. 原稿用紙が作成されました。このまま印刷すれば、罫線が緑色の原稿用紙の完成です。

原稿用紙が作成されました。
原稿用紙が作成されました。


ここまでは、ごく普通の説明でした。というか、順番に設定していくだけですから、特に説明もいらないくらい簡単だったと思います。では、ここからが本番(?)です。緑色の罫線を変更して、カラフル原稿用紙に変身させるワザを紹介しましょう。

原稿用紙をカラフルに変身させる