互換モードの特徴は?

Word 2007で旧バージョンの文書ファイルを扱おうとすると、「互換モード」が重要になることはおわかりいただけたと思います。また、互換モードを使えば旧バージョンと問題なく文書をやりとりできることも、おわかりいただけたかと思います。

ただし、別の見方をすれば、「互換モード」はWord 2007に"足かせ"をはめたモードです。どのような制限(足かせ)があるのか気になる方は、以下の表1、表2を参考にしてください。

Word 2007の要素 互換モードでの動作
見出しと本文のフォント 固定書式に変換されます。
相対位置で指定したテキストボックス 絶対位置に変換されます。
余白 絶対位置で指定したタブに変換されます。
文献目録 固定テキストに変換されます。
引用文献 固定テキストに変換されます。
引用文献のプレースホルダ文字列 固定テキストに変換されます。
コンテンツコントロールのプレースホルダ文字列 固定テキストに変換されます。
テーマ スタイルに変換され、もとに戻すことはできません。後から同じファイルをWord 2007 で開いても、このスタイルをテーマを使って自動的に更新することはできません。
テーマの色 スタイルに変換され、もとに戻すことはできません。あとから同じファイルをWord 2007で開いても、このスタイルをテーマの色を使って自動的に更新することはできません。
テーマのフォント スタイルに変換され、もとに戻すことはできません。あとから同じファイルをWord 2007 で開いても、このスタイルをテーマのフォントを使って自動的に更新することはできません。
テーマの効果 スタイルに変換され、もとに戻すことはできません。あとから同じファイルをWord 2007で開いても、このスタイルをテーマの効果を使って自動的に更新することはできません。
コンテンツコントロール 固定テキストに変換され、もとに戻すことはできません。
 
表1 互換モードの制限 その1


Word 2007の要素 互換モードでの動作
SmartArt 限られた種類の図のみ使用できます。
図表 編集できないイメージに変換されます。
数式 グラフィックに変換され、編集できなくなります。
 
表2 互換モードの制限 その2:この表の要素は互換モードで文書を開くと変換されますが、あとからWord 2007文書に変換するとWord 2007 の構成要素に変換できます。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。