文書を完成させるには、文書構成の検討、文章の入力、画像や図版の貼り付けなど、いろいろな作業が必要です。Wordには、各作業に適切な画面モードが用意されています。したがって、用意されている画面モードの性質を把握して、作業に応じて使い分けることで、文書を効率的に作成できるようになります。

Word 2003の画面モードは、[表示]メニューにある[下書き][Webレイアウト][印刷レイアウト][閲覧レイアウト][アウトライン]で切り替えます。各画面モードの特徴は次のとおりです。

・下書き……文章入力に適したモード
・Webレイアウト……WordでWebページを作るのに適したモード
・印刷レイアウト……印刷状態を再現しながら編集できるモード
・閲覧レイアウト……画面上で文書の内容をざっと確認したいときに適したモード
・アウトライン……文書の構成を考えるのに適したモード

Word 2007では、[表示]タブの[文書の表示]グループに画面モードを切り替えるボタンが集められています。用意されている画面モードはWord 2003とほぼ同じです。

Word 2003では、[表示]メニューで画面モードを切り替えます
Word 2003では、[表示]メニューで画面モードを切り替えます


Word 2007では、[表示]タブの[文書の表示]グループにあるボタンで画面モードを切り替えます
Word 2007では、[表示]タブの[文書の表示]グループにあるボタンで画面モードを切り替えます


【関連記事】
  • ワードの表示倍率を上手に使い分けよう
    Word 2007/2003には、さまざまな表示倍率が用意されています。細かい箇所を編集するときは倍率を上げ、ページ全体のレイアウトを確認したいときは倍率を下げるという具合に、用意されている表示倍率を作業に合わせてうまく使い分けることが大切です。
     
  • うまく使い分けようWordの表示モード
    Word 2003に用意されている表示モードの特徴と使い方を紹介します。表示モードを使い分けることで、文書作成の効率がずいぶんちがってくると思います。また、Word 2007の表示モードについても簡単に触れました。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。