Wordで文書にページ番号を付ける方法

Wordで新規文書を作成しても、ページ番号は自動的に付きません。ページ番号が必要な場合は、自分で設定・挿入する必要があります。今回は、その最も基本的な方法を紹介します。
 

最も簡単なページ番号の挿入方法

Word文書にページ番号を付ける方法は複数ありますので、まずは最もシンプルな方法を紹介します。「とりあえず文書にページ番号が必要!」というときは、この方法を使いましょう。

1.[挿入]→[ページ番号]を選択して[ページ番号]ダイアログボックスを開きます。
[挿入]→[ページ番号]を選択して[ページ番号]ダイアログボックスを開きます。
[挿入]→[ページ番号]を選択して[ページ番号]ダイアログボックスを開きます。


2.[位置]と[配置]でページ番号の位置を決めます。設定を変更すると、右側にある[サンプル]が変化します。黒い小さい■がページ番号の位置を示していますので、それを参考にしてください。ここでは、最もオーソドックスに[位置]で「ページの下」、[配置]で「中央」を選択します。
3.[書式]ボタンをクリックして[ページ番号の書式]ダイアログボックスを開きます。
[位置]と[配置]でページ番号の位置を決め、[書式]ボタンをクリックして[ページ番号の書式]ダイアログボックスを開きます。
[位置]と[配置]でページ番号の位置を決め、[書式]ボタンをクリックして[ページ番号の書式]ダイアログボックスを開きます。


4.[番号書式]で番号の種類を選択します。「1、2、3…」や「A、B、C…」などが選べます。ここは最もシンプルな「1、2、3…」にします。
5.その他の項目は初期設定のままにして[OK]ボタンをクリックします。
[番号書式]を設定して[OK]ボタンをクリックします。
[番号書式]を設定して[OK]ボタンをクリックします。


6.もとのダイアログボックスに戻ったら、[OK]ボタンをクリックします。
[OK]ボタンをクリックします。
[OK]ボタンをクリックします。


7.ページ下端の中央にページ番号が表示されます。
ページ下端の中央にページ番号が表示されます。
ページ下端の中央にページ番号が表示されます。


以上が、最も簡単なページ番号の挿入方法です。しかし、簡単だけに、いかにも素っ気ないですね。次は、もう少し飾りを付けて、オリジナリティを出す工夫をしてみましょう。
 

ページ番号に飾りを付ける

「1、2、……」の数字だけだとシンプルすぎるので、ここでは「Page1、Page2、……」のように、「Page」という文字を付けてみます。方法は簡単。「Page」という文字を直接入力するだけです。

1.[表示]→[ヘッダーとフッター]を選択します。
[表示]→[ヘッダーとフッター]を選択します。
[表示]→[ヘッダーとフッター]を選択します。


2.ヘッダーとフッターが編集できる状態になり、[ヘッダーとフッター]ツールバーが表示されます。この状態では、本文は淡く表示されて編集できません。なお、本文をダブルクリックすると、再び本文を編集する状態に戻ってしまいます。その場合は、もう一度[表示]→[ヘッダーとフッター]を選択し、ヘッダーとフッターを編集できる状態にしてください。
ヘッダーとフッターが編集できる状態になり、[ヘッダーとフッター]ツールバーが表示されます。
ヘッダーとフッターが編集できる状態になり、[ヘッダーとフッター]ツールバーが表示されます。


3.スクロールバーでページをスクロールし、ページ番号を入れたページ下端(フッター)を表示します。
ページ下端(フッター)を表示します。
ページ下端(フッター)を表示します。


4.ページ番号にマウスポインタを合わせ、クリックします。
ページ番号にマウスポインタを合わせ、クリックします。
ページ番号にマウスポインタを合わせ、クリックします。


5.ページ番号がグレーで表示され、その前後でカーソルが点滅状態になります。また、ページ番号の周囲には枠があることもわかると思います。このように、今回紹介した方法で挿入したページ番号は、(透明な)枠の中に表示されているのです。もしも、枠をクリックしてしまった場合は、枠が選択状態になりますので、そのあとで枠の内部をクリックすれば、ページ番号の前後でカーソルが点滅する状態になります。
ページ番号がグレーで表示され、その前後でカーソルが点滅する状態になります。
ページ番号がグレーで表示され、その前後でカーソルが点滅する状態になります。


6.ページ番号の前に半角で「Page」と入力します。入力すると枠は自動的に広がります。
7.[ヘッダーとフッター]ツールバーの[閉じる]ボタンをクリックします。または、本文をダブルクリックします。
ページ番号の前に半角で「Page」と入力し、[ヘッダーとフッター]ツールバーの[閉じる]ボタンをクリックします。
ページ番号の前に半角で「Page」と入力し、[ヘッダーとフッター]ツールバーの[閉じる]ボタンをクリックします。


8.ヘッダーとフッターの編集できる状態が終了し、ページ番号が「Page1」「Page2」……の形式になります。
ページ番号が「Page1」「Page2」……の形式になります。
ページ番号が「Page1」「Page2」……の形式になります。


いかがでしょうか。「Page」という文字が付いたことで、少しはマシになったでしょう。もちろん、追加する文字は「Page」でなくてもかまいません。「p」を付ければ「p1、p2、……」になりますし、後ろに「頁」を付ければ「1頁、2頁……」になります。さらに、前に「(」 、後ろに「)」を付けると「(1)、(2)……」になります。工夫次第で独自のページ番号を作ることもできますね。
 

ページ番号の位置を変える

では、ページ番号の位置を変えたくなったら、どうすればいいでしょう。答えは簡単、動かせばいいんです。先ほど、ページ番号が枠に囲まれていると書きました。その枠を動かすだけで、ページ番号の位置を自由に変更することができます。

1.[表示]→[ヘッダーとフッター]を選択して、ヘッダーとフッターを編集できる状態にします。
[表示]→[ヘッダーとフッター]を選択します。
[表示]→[ヘッダーとフッター]を選択します。


2.フッターの領域を表示したら、ページ番号をクリックします。すると、ページ番号の周囲にある枠が見えるようになります。
フッターの領域を表示したら、ページ番号をクリックします。
フッターの領域を表示したら、ページ番号をクリックします。


3.枠の上にマウスポインタを合わせ、マウスポインタの形が十字型になるようにします。
枠の上にマウスポインタを合わせ、マウスポインタの形が十字型になるようにします。
枠の上にマウスポインタを合わせ、マウスポインタの形が十字型になるようにします。


4.そのままドラッグして枠を移動します。フッターのエリア内の好きな位置に移動してかまいません。
そのままドラッグして枠を移動します。
そのままドラッグして枠を移動します。


5.枠を移動したら、[ヘッダーとフッター]ツールバーの[閉じる]ボタンをクリックします。または、本文をダブルクリックします。
枠を移動したら、[ヘッダーとフッター]ツールバーの[閉じる]ボタンをクリックします。
枠を移動したら、[ヘッダーとフッター]ツールバーの[閉じる]ボタンをクリックします。


6.ページ番号の位置が変更されました。実際に移動したページだけでなく、すべてのページのページ番号が移動していることに注目してください。
ページ番号の位置が変更されました。
ページ番号の位置が変更されました。


今回紹介した他にも、ヘッダーやフッターにページ番号を直接入力したり、総ページ数を追加したりする方法もあります。これらの方法については、次回、紹介する予定です。

【関連記事】
ワード文書にページ番号を直接入力
ワードのページ番号をオリジナルデザインにする

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。