職場の人間関係にまつわる社内のトラブルは、ビジネスライクに解決できないため、とても厄介です。社内恋愛や不倫は本人の感情が占める割合が高く、単純な「正・否」の判断だけで割り切れるものではありません。また、セクハラやいじめ、パワハラは、労働問題に発展する可能性を含んでいるため、慎重な対応が求められます。

社内恋愛・不倫の問題点

周りの人の迷惑を考えてみましょう。オンとオフの切り替えは最低限のマナーです
付き合っていることを社内の誰にも知られず、恋愛も仕事もうまくいっている時は、他人に迷惑をかけるものではありません。また、社内恋愛や不倫の果てに別れた2人が社内で顔を合わせることも、誰かの迷惑になることではありません。問題視されるのは、次のようなケースです。

■当事者
  • 社内にいる相手のことが気になって仕事が手につかない
  • 付き合っていることが、上司や同僚にバレないようにすることばかり考えている
  • 別れた際にお互いが気まずい思いを抱え、日常業務に支障をきたす

■第三者
  • 当事者たちの行動によって、仕事のモチベーションが下がる

社内恋愛や不倫は、当事者と第三者では問題の質が異なりますが、社内恋愛や不倫が社内問題に発展するのは、当事者がマナーを逸脱した時です。例えば恋愛中や不倫中の2人が社内でイチャついたり、相手にだけ露骨に特別な態度を取ることは、感情の抑制ができないことを物語っています。

チームワークが必要な仕事にあって、別れた2人が協力し合わなかったり、無視したり、露骨に嫌悪感を表わしたりすることも同じです。あるいはストーカーのように付きまとい、会社で復縁を迫るような行動に出たりすることも、感情のコントロールが効かなくなっている証拠です。

第三者からは「イチャイチャされると気分が悪い」「社内メールで連絡を取り合うのは止めてほしい」といったクレームが出てきます。これはビジネスマナーどころか、社会人としてのマナーの悪さが露呈した問題ですね。

社内恋愛・不倫・結婚問題の対処法

恋愛は自由ですがオフィスの空気を変える自由まではありません
当事者にとっての対処法
公私の区別をして、職場では仕事を最優先にすることです。感情を抑え、軽はずみな行動を慎みます。当たり前のことですが、会社は恋愛の場所ではありません。

会社には大きな2つのルールがあります。それは他人に迷惑をかけないこと、周囲に不快な思いをさせないことです。これらは「ビジネスマナーの基本」です。この鉄則を忘れず、仕事に支障のないよう努めて下さい。

法律の専門家が対応してくれる公的な専門機関があります。ただし、慰謝料請求に発展するようなトラブルの相談が主となります。一般にメールや電話でのやり取りは無料ですが、対面の場合、相談料が発生することがありますので、情報を集めてから臨んで下さい。

第三者にとっての対処法
社内の空気を乱し、士気を下げる要因となるような露骨な態度を取る人は、周囲の迷惑に気が付いていません。誰かが指摘しないと、エスカレートする可能性があります。対処の仕方は、勇気を持って相手に注意するか、信頼できる上司に相談することです。一般に社内恋愛や不倫が問題になった場合の担当部署は人事部ですから、信頼できる担当者や人事部のリーダーに相談してみるのもよいでしょう。なお、個人情報の面から第三者が外部機関に相談することは控えるべきでしょう。