回復への糸口が見えない不況で、企業の倒産件数が右肩上がりに増加しています。一方、同じ環境下でも売上を伸ばしている企業もあります。その差は、会社をリードするトップの経営手腕ということになりますが、不況を生き抜く経営者に欠かせないものが「先読み力」になります。

経営悪化、倒産の危機に陥る
中小企業経営者に欠けているもの

経営悪化、倒産の危機に陥る中小企業経営者に欠けているもの
不況型の企業倒産が、右肩上がりで増えています。
ビジネスで成功している人は、必ず先を読む努力をしています。

そのために、
・お客様が求めているものは何か
・売上の推移は
・これから、どんなサービスや商品が求められるのか
・ライバルの動向は
・事業を取り巻く経営環境はどう変化しているのか
・経済や時代の流れは、どういう方向へ向かっていくのか
などを常に考えて情報収集をしています。

そうして、先を予測して日々の行動を選択していった結果、業績を悪化させるリスクを回避していくことができます。

企業の経営者や事業責任者であれば、次の展開を考えて決断・行動するのは当然のことです。しかし、この当たり前のことが、経営破たん・廃業の危機に直面している経営者には、(単純な話)できていなかったということになります。では、なぜ、それができなかったのでしょうか。


業績が良い時にこそ
冷静に先を考えることが必要

業績が良い時にこそ冷静に先を考えることが必要
順調な時に、次の局面を考えて、そのための準備をしておくことが重要です!
実は、経営者にとって、注意が必要な時期があります。それは、売上が伸びている、業績の良い状態の時です。人は(その状況に身を置いていると)それがいつまでも続くと思いがちです。これは、心理学や行動経済学で、人間の傾向として説明されています。そして、(業績が良いということは)目の前の業務をこなすことに集中しています。すると、その分、視野は狭くなり、取り巻く環境の変化や先々に起こりうることなど考える余裕を失くしています。

景気に、山(好況)と谷(不況)があるように、拡張局面の後は後退局面へ推移していきます。経営の悪化を招かないためには、順調な時にこそ、次の局面を考えて、そのための準備を初めておくことが大切です。的確な次の一手を打つためには、業績が良い理由を冷静に分析しておくことも必要になります。悪くなりかけてからでは、手遅れになることが多くなります。

昨年秋のリーマンショックに端を発した世界同時不況以後、過去にないスピードで経営環境の変化が起こっています。これからは、企業の経営者に限らず、世の中で起こっていることを理解して未来を見据えて行動していかないと、自ら危機を招くことになりかねません。