自己アピールする職務経歴書の書き方は?

職務経歴書の書き方
職務経歴書に盛り込む内容は、得意分野と略歴、自己紹介(自己PR)です。まず、自分の売りとなる得意分野、業務内容・スキルをしっかりアピールします。この欄は、現在の実力、つまり何ができるかを相手に伝える重要な部分になります。次に略歴は、単に過去の職歴を羅列するのではなく、現在の実力の裏づけとなるように、これまでの業務経験や実績からピックアップして記載します。

自己紹介欄では、仕事への取り組み姿勢や将来への展望など、個性や人間的な魅力についてアピールしましょう。今後取り組みたい仕事やチャレンジしたいことがあれば、ぜひ書き入れておきましょう。チャンスをもらえる切っ掛けになるかも知れません。

■関連記事・リンク集
戦略を立てるその前に、自分をもっと知ろう
営業ノウハウと収入アップ術
キャリアの棚卸で発見できるもの
自分を売り込む、営業ツールを作ろう!
仕事がやって来る『仕組み』を作ろう!



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。