気になる!起業時の労働保険・社会保険

金山氏
社会保険労務士金山経営労務事務所所長 金山氏
今回は、起業直後の皆さんが気になる会社の労働保険・社会保険加入について基本から応用まで、前々回に引き続き、社会保険労務士金山経営労務事務所の金山所長にインタビュー。

ガイド:そもそも、労働保険とは何でしょうか?

金山所長:はい。具体的には、労災保険、雇用保険のことを労働保険と言います。労災保険は、業務上・通勤上でケガをした場合、国から保険が給付される制度です。雇用保険は、前回も少し触れましたが、主として労働者が失業した場合に、国から必要な給付が支給される制度です。

ガイド:次に社会保険について教えてください。

金山所長:健康保険、厚生年金保険のことを社会保険と言います。健康保険は、私傷病によりケガ・病気になった場合に国から保険が給付される制度です。労災は業務上・通勤上のケガ・病気の場合に給付されますが、健康保険は私生活でのケガ・病気の場合に給付されます。次に厚生年金保険ですが、老齢・障害・死亡の場合に国から年金が給付される制度です。

ガイド:起業直後でも、必ず労働保険、社会保険に入らなければならないのですね。かなり負担が多そうですが…。

>やっぱり負担は気になるもの…次のページでは皆さんの気になる負担額について詳しく伺います。