会社案内用のカテゴリーを登録する

社長:「『カテゴリーの編集』をクリックしてみました。何も登録されていませんね。」

アドバイザー:「最初ですからね。会社案内では『会社概要』、『アクセスマップ』、『新着情報』などのページをよく作りますが、それがカテゴリーだと考えてください。思いついたまま入力してもらえませんか、順番は後で変更できます。」
カテゴリーを登録する
カテゴリーを登録する

社長:「では『お問い合わせ』や『業務内容』などで5つほどカテゴリーを入れてみます。」

アドバイザー:「業種が製造業なら『保有設備』や『製品一覧』などのカテゴリーでもよいでしょう。では次は『記事の投稿』をクリックしてください。」

アドバイザー:「最初に会社の沿革を作りましょう。『記事のタイトル』に会社の沿革と入力してもらえますか。」

社長:「タイトルの下のカテゴリーには何を入れたらいいのですか?」
記事を投稿する
記事を投稿する

アドバイザー:「さっき作成したカテゴリーをここで選択できます。『会社の沿革』なので『会社概要』のカテゴリーを選んでください。下に会社の沿革を箇条書きで入力してもらえますか。入力が終わったら『記事を投稿する』をクリックしてください。」

社長:「はい、クリックしました。」

アドバイザー:「これで、会社案内のホームページができましたので。」

社長:「できったって、どこにですか?」

アドバイザー:「左上に『ブログを確認する』というのがあるのでクリックしてみてください。」

会社案内用のホームページができる

社長:「あっ、本当だ!私が入れたさっきの文章が表示されています。」

アドバイザー:「簡単でしょう。上に表示されているURLが社長さんの会社のホームページアドレスになります。」
ブログができた
ブログができた

社長:「こんなに簡単に作れるんですか。初めて30分も経っていませんよ。」

アドバイザー:「ですので、ブログ・ユーザーが増えているのです。ところで左のカテゴリーのところに『会社概要(1)』と表示されています。これは会社概要というカテゴリーの記事が一つあるという意味です。」

社長:「と言うと、『新着情報』や『業務内容』に関する記事を書いた時は、該当するカテゴリーを選べばここに出てくるんですね。」

アドバイザー:「その通りです。」

社長:「これなら私でもホームページが作れるな。新しいお知らせは『新着情報』に入れていけばよいし、カテゴリーを変更することもできるんですね?」

アドバイザー:「もちろん。『新着情報』で新規事業としてこんな事業を始めましたとアナウンスをして、しばらくしたら『記事の編集・削除』でカテゴリーを『新着情報』から『業務内容』に変更するだけです。」

いかがでしたか?

小さな企業ではホームページの更新どころかホームページがないところがほとんどです。ホームページビルダーで作るのは難しいと思ったらブログで会社案内を作ってみませんか。

みてきたように担当者を置かなくても社長自身で会社のホームページを立ち上げることができます。なんといっても無料でできるのが魅力です。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。