利益とキャッシュフローの違い

キャッシュフロー計算書の考え方基礎
中小企業の経営者の方に試算表や決算書の内容をご説明していると、「お金は全然残ってないのに、何でこんなに利益が出てるの?」とおっしゃることがよくあります。

これこそがまさに、キャッシュフロー計算書を理解する上での原点です。つまり、利益とキャッシュフローはどうして違うのか、ということです。利益とキャッシュフローが違ってくる原因は大きく4つあります。

  1. 運転資金
  2. 非資金費用
  3. 設備投資
  4. 借入

この4つの原因の意味がわかれば、キャッシュフロー計算書はわかったも同然です。今回は、この4つのキーワードを中心に、利益とキャッシュフローの違いを説明していきたいと思います。

運転資金=売掛金+棚卸資産-買掛金

利益とキャッシュフローが一致しない最大の原因として、運転資金の存在が挙げられます。つまり、売上は、現金取引の場合ばかりではなく、売掛金として取引する場合があるため、試算表や決算書に計上されている売上の全てが入金されているとは限らない、ということです。

これは仕入についても同様です。仕入の場合にはさらに、棚卸資産の存在があります。損益計算書上、利益を計算する際には、棚卸資産の増減も当然加味されますが、それとキャッシュフローはまた別です。

棚卸資産が大幅に増えている場合、売上原価は少なくなり利益は増えますが、キャッシュフローの観点から見ると、棚卸資産が増えた分、キャッシュは減っているわけです。


>非資金費用と設備投資、続きはこちら