中小企業・個人事業主の節税対策 ガイド 今村 仁

いまむら ひとし

経営者へのお役立ち情報満載

中小企業の節税専門家として執筆・メディア出演多数。税理士、宅地建物取引主任者、CFP。「3か月でできる決算対策完全ガイド」など多数執筆。

得意分野

新規開業支援業務/事業承継支援業務/節税・金融機関対策業務/経理の合理化業務/会計ソフト導入支援業務/経営分析・事業計画作成支援業務/相続・贈与対策業務/税務調査対応業務/経営コンサルティング業務

ガイド担当テーマ

ガイドからの挨拶

みなさん、節税するかどうかは任意だと思いますか? 私は会社や従業員のことを考えると、正しく賢く節税することは経営者にとって義務と考えています。しかし実際、節税義務を果たしていない会社をいくつも見てきました。本人は節税をしたいのでしょうが、税法を知らないがために払わなくていい税金を払っているのです。そのような方々に少しでもお役に立てるサイト運営をしていきたいと考えています。よく考えてみると儲けた人しか納税できないのですよね。税金を納めるということは儲けた人にしかない権利といえるのではないでしょうか。納税できる権利を美徳と感じられる社会になればと思います。当然、正しく賢く節税した上で、ですよ。「もっと他に節税する機会はないのかなぁ」「節税対策はこれですべて網羅されているのかなぁ」と思ったらこのサイトを見てください。ヒントになることが数多く掲載しています。税法は生き物。ころころ変りますので、常に最新節税対策をこのサイトから入手してください。「節税は義務、納税は権利、その義務や権利を守るのが税理士」が、私のモットーです。どうぞよろしくお願いします。

ガイドの著書

ガイドの新着記事

  • 確定申告、医療費控除の対象になるものは何?

    確定申告、医療費控除の対象になるものは何?

    医療費が年間10万円以上かかると税金が戻ることはご存知の方も多いですが、いざご自身でされるとなると、意外と煩雑な処理となり、申告書の完成までたどり着けない方もいるようです。その理由の1つが、面倒さや医療費控除の対象になるのかどうかの判定の複雑さにあります。何が対象になるのか、すっきり解説します。

    掲載日:2018年02月15日節税対策
  • 年金受給者の方、確定申告で税金を取り戻しましょう!

    年金受給者の方、確定申告で税金を取り戻しましょう!

    年金受給者の皆さんのなかでも、忘れがちなのが「寡婦控除」です。対象は、主に「夫に先立たれた妻」の方です。こういった方については、今年の確定申告について、27万円の「寡婦(かふ)控除」が受けることによって税金を取り戻せるかもしれません。ぜひ確認してみてください。

    掲載日:2018年02月10日節税対策