実務経験なしの40歳代で社会福祉士取得を決意し、無事、資格を取得して1年半。今は援助職ではありませんが、社会福祉士の資格を生かした仕事をしています。資格取得を思い立ってから現在までに感じたこと、これから未経験で社会福祉士を取得しようと考えている方へのアドバイスをまとめてみました。

◆INDEX◆
1ページ目>>【実務未経験の40代はいない?スクーリング仲間はみな現職】
2ページ目>>【未経験で社会福祉士として働けるのか】
3ページ目>>【未経験なら覚悟を持って臨むべし】

実務未経験者の40代はいない?スクーリング仲間はみな現職

私が社会福祉士を取ろうと思ったのは、社会福祉について幅広く学びたくなったから、そして、人に寄り添う仕事をしてみたくなったから(詳しくはガイド宮下社会福祉士受験記「16本のレポート書きに追われ続けた半年」を読んでくださいね)。福祉系大卒でもなく、実務経験もなしで取得を目指しました。勉強を始めた頃にはわからなかったのですが、社会福祉士通信講座のスクーリングに行って気づかされたことがありました。それは、通信講座で社会福祉士を目指す人たちの大半が現職だということ。

と言っても、社会福祉士試験合格者の6割強は福祉系大卒者。30歳以下が6割強であり、合格者のうち多数派は新卒者でしょう(詳しいデータはこちら)。しかし、ただ社会福祉士を取得したいという思いだけで何も考えずに勉強を始めた私にとっては、スクーリングで知り合った人たちの誰も彼もが現職だったのはちょっとショックでした。実務経験も仕事に就く当てもなく社会福祉士を目指すという、自分の宙ぶらりんさに非常に居心地の悪さを感じたのです。

もちろん、自分なりに真摯な思いで受験を決意したつもりでした。しかし、ソーシャルワーカーやケアマネジャー、保健師として現場で経験を積み、社会福祉士資格の必要性を実感して受講している人たちの前では、人に寄り添う仕事を「してみたくなった」という曖昧な動機など、口にするのも恥ずかしいと感じました。スクーリングではいつも「私は畑違いで場違いなのですが、フリーのライターをやっておりまして」という枕詞で自己紹介していたのを思い出します。

>>次のページは【未経験で社会福祉士として働けるのか】