万年、人手不足といわれる介護の職場。求人してもなかなか採用できないという話をよく聞きます。しかし一方で、特別、給与が高いわけではないのに、採用がスムーズで定着率の高い職場もないわけではありません。その差はどこにあるのでしょうか。施設を中心に、いくつかのポイントに分けて考えてみました。

疑問点を聞きやすいか聞きにくいか

忙しい介護の職場では、誰もが仕事に追われています。新しく入ってきた職員はわからないことがあっても、忙しく働く先輩たちに声をかけにくいもの。そこでどのような配慮をしているかで、新人にとっての居心地に差が出ます。

【×な職場】 新人や経験の浅い職員がわからなくて右往左往していても、誰も声をかけない。新人から声をかけたくても、誰に聞いていいかわからない。聞いても、「ちょっと待って」と言って、すぐに答えてもらえない。もっと困るのは、聞いた相手によって答えが違う職場。こうなると、人に聞くより自己判断で動いてしまおう、という職員が必ず出てきます。

そのまま放置していると、提供する介護にばらつきが生じ、まじめな職員ほど自分の提供している介護が正しいのかどうか自信が持てなくなってしまいます。また、クレームや事故にもつながりやすくなります。

【○な職場】 まずは、全職員が事業所の介護方針をしっかり認識し、介護マニュアルを理解して実践できていること。それを前提として、新しく入った職員には指導役を付けます。指導役のリーダーは介護主任やフロア長。さらにリーダー以外に、新人1人に対して先輩1名をチューター(指導・相談役)として付けます。チューターは入職1年目や2年目の先輩。新人との相性も考え、相談しやすい先輩を選びます。施設はシフト制で動いていますから、その先輩がいないときはリーダーを中心に、他の先輩も対応するようにします。

チューターが決まっていれば、とりあえず誰に聞けばいいかで悩む必要はなくなります。答えがバラバラになることもありません。また新人がチューターの先輩を糸口に、職場の先輩たちと話をし、うち解けていくきっかけにもなります。一方、少し仕事に慣れてきた入職1年目、2年目の職員は、チューターを任され、新人に教えることによって、自分の介護への意識や技術の見直すことができます。