3つの福祉士とその違い

まずは、3つの資格と、それぞれの資格を取ると、どんなことが求められるか、みていきましょう。

1.介護福祉士

介護福祉士は、「社会福祉士法及び介護福祉士法」という法律に定められた国家資格です。

出典: 介護福祉士とは「介護をする」だけの職業!? [介護福祉士] All About

介護福祉士は介護業務を行うだけではなく、介護者に対し、介護に関する指導を行うことも業務のひとつとされています。加えて言えば、介護に関する精神的・身体的な負担を減らす役割も担っているといえるでしょう。

リンク: 介護福祉士とは「介護をする」だけの職業!? [介護福祉士] All About

さらに読み解くと、介護福祉士に求められるものが見えてくる。

現在の介護には、介護が必要な一人ひとりのこころとからだの状況を分析し、計画的で根拠のあるものとして展開していくことができる「専門性」が求められるようになってきた

リンク: 介護福祉士とは「介護をする」だけの職業!? [介護福祉士] All About

高齢者や認知症の増加など、時代背景に合わせて、求められるものが変わってくるのです。

2.社会福祉士

社会福祉士も、社会福祉士及び介護福祉士法に定められた国家資格で、日本におけるソーシャルワーカーです。

出典: 社会福祉士とは [社会福祉士] All About

社会福祉士は、身体や精神の障がいがあることや環境上の理由によって日常生活を営むのに支障がある人の福祉に関する相談に応じ、助言などを行なうことや福祉サービスや保健医療サービスとの連絡や調整及びその他の必要な援助を行うソーシャルワーク専門職

リンク: 社会福祉士とは [社会福祉士] All About

社会福祉の仕事は、障がい、高齢、貧困などの何らかの理由で生活上の支障がある人と向き合う仕事です。いわば、人が抱えている生活上の問題と向き合う仕事ともいえるでしょう。

リンク: 社会福祉士の仕事 [社会福祉士] All About

近年はいじめの問題などでスクールソーシャルワークの重要性が着目されたり、核家族化や高齢化等の社会構造の変化で地域づくりのためのソーシャルワークの必要性が叫ばれるなど、新たな福祉ニーズが生じてきています。

リンク: 社会福祉士の仕事 [社会福祉士] All About

3.精神保健福祉士

精神保健福祉士は、精神保健福祉士法に定められた国家資格で、日本における精神科ソーシャルワーカーです。

出典: 精神保健福祉士とは [精神保健福祉士] All About

その業務は、精神障がいのある人に関する専門的知識及び技術をもって、精神科病院その他の医療施設において精神障害の医療を受けている人や社会復帰を目的とする施設を利用している人の地域生活に関することなどの相談に応じ、助言、指導、日常生活への適応のために必要な訓練やその他の援助を行うこと

リンク: 精神保健福祉士とは [精神保健福祉士] All About

精神障がいのある人の多くは、今までの生活の中でつらい思いをした人が多く、そういった人たちに文字通り寄り添うような支援が求められるともいえます。

リンク: 精神保健福祉士の仕事 [精神保健福祉士] All About

精神保健福祉士と社会福祉士との業務の違いは、精神保健福祉士が、前述したように精神に障がいのある人を対象とする精神障がいに関する専門的なソーシャルワーカーです。

リンク: 精神保健福祉士とは [精神保健福祉士] All About

名前は似ていないけれど…

4.ケアマネージャー

ケアマネジャーは、正式には介護支援専門員といい、ケアマネジャーは通称です。平成12年の介護保険制度施行時と同時に生まれた資格で、国家資格ではありません。

出典: ケアマネジャー(介護支援専門員)とは [ケアマネージャー] All About

ケアマネジャーとは、介護保険制度において主に高齢者等が要介護状態になった時に、適切なサービスを利用するために必要なケアプラン(サービス計画書)を作成する専門職です。

リンク: ケアマネジャー(介護支援専門員)とは [ケアマネージャー] All About

ケアマネジャーとして活躍する際には、介護福祉士や社会福祉士、看護師などの有資格者とも連携をすることも多いので、それぞれの資格について理解を深めておいた方が良いでしょう。

リンク: 2/2 ケアマネジャーと類似資格について [ケアマネージャー] All About