ご自宅の管理費は、割安?割高??
ご自宅の管理費や修繕積立金の金額を聞かれたら、ほとんどの人がすぐに答えられるでしょう。ところが、その金額が他のマンションと比べて高いのか安いのか質問されたら、答えられる人は激減するのではないでしょうか。 なぜなら、(失礼ながら)管理会社に言われるままに支払っており、管理費の「相場」を知っている人が少ないからです。

住宅ローン金利や毎月返済額には神経質になっても、管理費には関心が薄いのが現実です。これは由々しき事態と言わざるを得ません。そこで、ご自宅の管理費が割安なのか割高なのか、参考になるデータを紹介します。

中層・中規模なマンションほど管理費は安め / 首都圏マンション管理費調査

不動産調査会社の不動産経済研究所が今年8月末、首都圏の分譲マンションを対象に世帯数や階数、さらには最寄り駅からの距離に応じた管理費の平均値を調査・公表しました。それによると、直近2011年の場合、戸数規模別ではマンション1棟の総戸数が50~99戸(201円84銭)、階数別では10~19階(建て)のマンション(199円60銭)が、それぞれ最も安い管理費(単価)であることが分かりました(下表参照)。

戸数規模別のマンション管理費単価

 

階数別のマンション管理費単価

 

全体的な傾向をみると、戸数規模別では総戸数が49戸以下の小規模マンションと、逆に1000戸以上の超大型マンションで、どちらも全体的に管理費が高めになっています。小規模マンションの場合は「スケールメリット」が得られにくいこと、また、超大型マンションは“規模のメリット”こそあるものの、共用施設が充実している分、維持管理のための費用が多分にかかってしまうことが原因と考えられます。

階数別の傾向も同様で、しばしば「タワーマンションはスケールメリットがあるので管理費は割安」と言われますが、ホテルライクな管理サービスが付加されることで、結果として平均値より割高な金額になっています。

少しでも管理費負担を減らしたいのなら、金額に割安感のある中層・中規模のマンションが狙い目といえます。低層あるいは超高層のマンションは避けるべきでしょう。


次のページでは、最寄駅からの距離に応じた管理費の相場(調査結果)と、管理費の「適正度合い」を調べるための秘策をご紹介します。