賢いマンション暮らし ガイド 平賀 功一

ひらが こういち

マンションに精通したガイドが、上手な住まい方に関する情報をお伝えします!

活動実績

執筆ガイド記事本数475
メディア掲載実績4

ガイドからの挨拶

mansionとは米国では「大邸宅」の意で、部屋数が何十室もある住居形態を指します。日本でも当時、マンションはまさしく「高嶺の花」で、大邸宅であったと思います。それが40年後の現在では10世帯に1世帯はマンション暮らしとなり、高層・大規模マンションが続々と建設され、グレードや設備・プランなどは昔と比べられないほど進歩して来ました。

しかし、少子・高齢化や核家族化などを背景に人々のライフスタイルは変化し、同時に“ひとつ屋根の下”での共同生活に様々な問題を投げかけているのも事実です。半面、眺望や機能性・共用施設の充実など集合住宅ならではの魅力は増し、マンション定住派も増えてきています。

こうした「マンション成熟社会」の中、いかに賢くマンションライフを楽しめるか、販売と購入の両方の経験を持つ筆者がその「光」と「影」を楽しく、かつ、辛口にご案内したいと考えております。すでにお住まいの方にも、これから購入をお考えの方にも、必ずや役立つこと請け合いです。

ご一緒に日本の住文化の行方を探って行きましょう。きっとあなただけの素敵なマンション暮らしのヒントが見つかることでしょう。

メディア掲載実績

雑誌週刊東洋経済
これからのマンション選び PART2 マンションは資産価値が命
2015年11月30日
雑誌プレジデント
特集「賢い住み替えテクニック 中古編」~大規模修繕について解説~
2013年03月25日
雑誌SUUMO新築マンション
特集「運命の家が見つかる家探し術」
2012年01月04日
雑誌SUUMO新築マンション
特集「資産価値を保つための資金源『管理費・修繕積立金』の内訳とは?」~管理費・修繕積立金の用途、ポイントなど解説~
2011年02月01日

ガイドの新着記事

  • 管理組合の役員になると、どういう仕事をするの?

    管理組合の役員になると、どういう仕事をするの?

    今やマンションストック数は約600万戸、1480万人が暮らす居住形態として分譲マンションは定着していますが、半面、役員のなり手不足が深刻化し、管理組合の運営を不安定にしています。そもそも役員になると、どういう仕事をするのか知らない人も少なくありません。そこで、本稿では役員の具体的な業務内容について、わかりやすく説明します。

    掲載日:2015年05月07日マンション管理
  • 管理組合向け「省エネ住宅ポイント」の活用術

    管理組合向け「省エネ住宅ポイント」の活用術

    2015年春から本格始動した「省エネ住宅ポイント」。一戸建て住宅での活用を想定する人が多い印象ですが、分譲マンションでも同様にポイントが付与されます。管理組合にとって、共用施設をリニューアルする絶好のチャンスです。本稿では発行ポイントの上手な活用法をご紹介します。

    掲載日:2015年03月26日マンション管理