営業職などで頻繁に顧客を訪問する人はもちろんのこと、事務職でも上司に頼まれて取引先へ資料を届けに……、ということはあるはずです。

そこで、他社を訪問した際のマナーを確認しておきましょう。

1)遅刻はもちろん、早すぎる到着も失礼です

冬の訪問時には、コートをあらかじめ脱いでおきましょう。

ビジネスにおいて約束の時間を守るのは当然のことですが、早すぎる到着も相手にとっては迷惑なもの。5分前到着を習慣にしたいところです。

また、手みやげを持って行く場合は、自分の会社の近くなどで購入し、訪問先の近くで買うことはやめましょう。

2)コートは玄関、ビルに入る前に脱いでおく

寒い時期はコートやマフラー、手袋などをして出かけますが、これらは、玄関やビルに入る前に脱いでおくのがマナー。きれいに折りたたみ、小脇に抱えて会社に入るのがスマートです。

3)何度も訪問している会社でも必ず受付へ

頻繁に訪問していて、相手がいるフロアや席などを知っていても、訪問の際には必ず受付で取り次いでもらうこと。訪問先のオフィスに受付を通さずに、入り込んでしまうのは、言語道断です。

約束をしている場合は、「○○会社の△△と申します。□□部の××様と●時のお約束でまいりました」と挨拶します。初めてその企業を訪問する際には、受付で名刺を渡すといいでしょう。

4)応接室で、上座を進められたらそこに座ってOK

応接室などでは下座に着席するのがマナーですが、案内してくれた人に上座を勧められた場合は上座に座ってOK。

相手が部屋に入ってきたらすぐに立ち上がって、挨拶をします。

※上座ってどこ!? イマイチ自信のない方は、こちらで応接室などの席次をチェック!

5)退出の際、コートを着るのは玄関やビルを出てから

用事を済ませて退出する際、コートやマフラーなどを訪問先の社内で身につけるのはマナー違反。玄関やビルを出てから着用しましょう。


次ページでは、名刺交換の注意点を整理します。