初めての面接。「どんなことを聞かれるのだろう」と不安に思う半面、「パートの面接なんて、そんなに大した事は聞かれないでしょ?」と思う人もいるでしょう。

そこで今回は、パートの面接の際によく聞かれる質問を集めました。その場で質問を初めて聞いて答えるのと、想定される質問に対して準備をしておくのとでは、答えの内容はもちろん、質問に答える態度や自信などに格段の差が出ます。参考にしてみてください。

ここまでどのようにして来られましたか?

自宅から勤務先までの通勤時間も、長く働き続けられるかどうかの大きなポイント
面接者の緊張をほぐすためでもあり、無理なく通勤ができる範囲の通勤時間かどうかを知るための質問です。順序よく人に説明ができるかどうかを見るという方もいますので、あらかじめスラスラ言えるようにしておきましょう。


希望の勤務時間は、何時から何時までですか?

「午前○時から午後○時を希望しておりますが、多少の調整は可能です」など、柔軟性をもたせた答えが好印象です。

「午前○時から午後○時が希望です。それ以外は無理です」と答えると、「融通がきかなさそう」という印象を与えます。ただし、本当に無理なのに安易に「できます」、「大丈夫です」などと答えてしまい、実際に働き始めてから「やっぱりだめです。続けられません」という事態は、双方にとって残念なことですから、無理はしないように。

残業は可能ですか?どれくらい?

「お迎え時間にギリギリ!」と内心思いつつも残業するという状況は、多くの女性が経験していること
採用する側も、小さな子どもがいたり、ご主人の理解度によっては「残業は、難しいだろうなあ」とちょっぴり心に思いながら聞いています。もちろん「できる」と答える人の方が有利なのですが、「できる・できない」にかかわらず、どのように答えるかも見られているのです。

「1時間ぐらいの残業でしたら問題ありません」、「曜日によりますが、週に2日ぐらいはなんとかなると思います」など、「毎日、何時間もの残業は難しいけれど、事情が許す範囲でするつもりです」という柔軟な姿勢があらわれた答えから、仕事に対して積極的な気持ちが伝わりますね。

また「通常の勤務時間内に決められた仕事をこなす自信があります」、「残業はできませんが、その分早く出社します」と少し強気ではありますが、実際にこのように答えた人たちは、やる気を伝えることに成功しています。「残業は、一切できません」では、かたくなな印象を与えるのは免れません。

次は「子ども」や「家族」に関する質問です。>次ページへ