「大人目線」で見回しても、子供の危険は回避できない


なぜ、子供は事故に遭いやすいのでしょうか?

 パパ・ママ 「子供目線」で見てね!
人は同じ環境の中にいても、年齢や身長によって周囲を見る目の高さ(目線)が異なってきます。そのため、「大人目線」で見回すと危険には感じられないようなことが、子供にとっては危険(ケガ)の発生源となることがあります。テーブルや家具の角(かど)に頭をぶつけたり、また、電気コンセントに金属製のおもちゃを差し込み感電してしまうのは、そのためです。

また、子供は好奇心のままに行動してしまい、その上、「危ない」「危なくない」といった判断能力も未発達です。そのため、自分自身では危機管理できないばかりか、反射神経も成長途中であるため、事故の瞬間に身体を守ること(受け身)も十分にできず、結果として事故につながってしまいます。

国民生活センターの調査によると、家庭内事故の「性別」による発生比率を年代の区分けなく乳幼児から高齢者まで通して(=全年齢で)見たところ、男性・女性による差異はなかったそうです。ところが、0歳~9歳に限ってみると男の子の事故率が高く、同センターでは「男の子は女の子に比べて活動的な子が多いため」と分析しています。行動範囲が広がれば、その分、危険に遭遇する確率も高まるということなのでしょう。

危険を事前予測し、安全な家庭環境を整備する


では、どうすれば子供を危険から守れるのでしょうか? 以下の4つが解決のヒントになってきます。


 1.可能な限り子供から目を離さないようにする
 2.「子供目線」に立って室内に潜む危険の発生源を探す
   (危険を事前予測する)
 3.子供の手の届くところにモノを置かないようにする(やけどや誤飲対策)
 4.家の中は「安全」だという思い込みを捨てる

理想論から申し上げれば、「可能な限り子供から目を離さないようにする」のが最善策であることは言うまでもありません。しかし現実問題、専業主婦のお母さんであっても、24時間片時も目を離さず子供と向き合っていることは不可能です。

そこで、危険を事前予測して「事故が起こりにくい家庭環境」を整備するのが現実的な対策となります。キッチンやバルコニーの出入り口にはセーフティーガード(防御柵)を取り付ける、ドアに手をはさまないようガード版を貼る、誤飲や落下防止のためにも、子供の手の届くところにモノを置かないようにする(整理整頓)等々、「子供目線」に立った危機意識の啓発が最も手軽で、かつ、最も効果的な安全対策につながります。


「目の中に入れても痛くない」……かわいい・愛おしいという意味のたとえとして、しばしば使われる慣用句です。すべての親御さんにとって、わが子は「目の中に入れても痛くない」存在でしょう。それだけに、お子さんを危険な目にさらさないためにも、室内事故から子供たちを守る努力を怠ってはなりません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。