いままで1000社以上の企業の経営者や人事の方と人事関係の話をしてきました。「あの人は採用失敗だった」という採用の失敗の話を伺うことがあります。どの会社でも、採用の失敗事例をもっているものです。ただ失敗なだけならいいのですが、思い切った発言をさせていただければ、「会社に有害な人材」「会社に不利益を与える人材」「組織のモチベーションを低下させる人材」がいることも事実です。

今回は、会社を困らすモンスター社員を見分けるポイント、そして自分自身がモンスター社員にならないために、転職時に気をつけるべきポイントについてコメントいたします。

会社を困らすモンスター社員とはどんな人?

会社を困らす「モンスター社員」。普段はいい人だったり、飲みにいったらむしろ楽しい人だったりするもの。
会社を困らす「モンスター社員」。普段はいい人だったり、飲みにいったら、むしろ楽しい人だったりするもの。
ガイド高野が考えるモンスター社員とは、ただ生産性が低いというだけではなく、会社に負の打撃を与える人材、いるだけでマイナスになる人材のこと。難しいのが、モンスター社員は、普段はいい人だったり、飲みにいったらむしろ楽しかったりすることも多いのでなかなか見分けがつかないところです。

●モンスター社員の実例
あるメーカーさんの実例です。中途採用で、スタッフ部門で人材を採用しました。明るく元気がよく、社長いわく“若い頃の森田健作のような”溌剌とした青年で、スキルはあまりないが、人柄を気に入り採用したそうです。

●社長の話(一部、修正を加えています)
その彼は、最初の1ヶ月は非常に良い立ち上がりで、周囲ととけこんでいるようでした。しかし、突然その彼が牙を剥いてきました。それは、自分が任される仕事の範囲が違っていると。彼に任せる予定の仕事は、同時期に退職者がでたため、入社前と入社後で、部署は同じだが仕事内容は若干違うという状況でした。しかし社長は「当社を好きになって入ってくれたはず」という想いが共感できていると思い込んでおり、「ひとつ頼むよ」ということで、納得してくれているはずと思っていました。

そこからが大変でした。彼は、「入社前と後で、仕事内容が違うなんて、詐欺だ。おかしい。ありえない」とのこと。組織は全体最適が重要だということを話をしても、聞く耳を持たない。何度か話し合いをしたものの、折り合いがつかず、それでは、「どうしても合わないのであれば、うちの会社ではなかったのかもね」という話をしたら、彼は、「そんな無責任なこといってもいいのですか?でるところにでますよ」と脅してきたのです。

現段階では、特別な過失があるわけではないため、解雇にはできません。仕事は「一応はやっている」という状況。決してモチベーションが高いわけでもないのですが、ぎりぎりの低いレベルではやってはいる。その後が大変で、「会社に騙された」とか、「会社の経営のやり方がおかしい」といったことを周囲に言いふらす始末。社員にも影響が出て、社長は本当に困り果てました。

●対応策としてとったこと
こちらの企業には、お取引があり、アドバイザー的な役割を担っていたので、直接、その社員の方と私がお話をすることになりました。よくよく話を聞いてみると、過去に会社に騙された経験をもっており、そのことがトラウマになって、会社は信用ができないと思っているところがありました。それは、仕事の責任をかぶらされて、最終的に会社にいにくくさせられてしまったというものでした。私から、現職の会社の社長は社員に対して真剣にそして親身に考えている方なので大丈夫だと趣旨の話をして、安心をしていただきました。

次のページでは、モンスター社員を生み出さない方法を紹介します!