「出来るビジネスパーソン」はなぜ出来る?

よく「2割の優秀な人が、8割の全体を支える」という言い方をしますが、どんな組織にも「仕事が出来る人」は必ずいるものです。

期日までに確実に成果物を出す。何を聞かれても、即座に答える。どんな仕事を振られても、そつなくこなす。つらい状況になっても諦めず、常に前向きに、周りを引っ張りながら仕事をこなす……。そんな「仕事が出来る人」は、見ていても非常に頼もしく、うらやましく、あこがれさえ感じてしまいます。

ところで、こんな「仕事が出来る人」は、いったいどんな風に仕事に取り組んでいるのか、不思議に思ったことはないでしょうか?

私がこれまで数多くの「仕事が出来る人」と接し、観察してきた結果として、ビジネスパーソンの仕事力を決定付ける要素は、大きく4つで成り立っていると考えています。

仕事力を左右する4つの要素とは

<仕事力を左右する4つの要素>
仕事力を左右する4つの要素
仕事の成果は様々な要素から生み出されている

4つの要素とは次の通りです。
1.アウトプット
2.ナレッジ
3.スキル
4.マインド・スタンス

仕事が出来る人は、必ず周囲に見える形で成果を出しています。この「成果」が「アウトプット」と言われる部分にあたります。これを出すためには、必ずそれを支える「関連知識や業務経験」が必要となってきます。これが「ナレッジ」です。

しかし、「ナレッジ」を得るためには基本的な知識や経験も必要なので、その下に「普遍的なものの考え方や仕事の進め方」という「スキル」があります。そして一番根本には、「そもそもの、仕事に対する取り組み姿勢」や「仕事人としての生き様」のような「マインド・スタンス」があります。

では、「出来る人」の持つ4つの要素とは?詳細は次ページ