他人のプレゼンから学ぶポイント

他人のプレゼンから学ぶべきポイントは数多くあります。

・話の装飾を学ぶ
・プレゼンの展開を学ぶ
・(営業資料・説明資料など)ビジュアル化を学ぶ

などなど。

それも当然大切なのですが、そういった言葉にしやすいことだけではありません。上記のようなものは、例えば本などでも学べること。それだけだともったいない。それ以上に学びたいのは、肌感覚にも似たものです。

ちょっと、例を示してみますね。私が、ある式場で説明を受けていたときのこと。「式場いかがでしたか?気に入っていただけたのであれば、すぐに」みたいな感じで、かなり強いクロージングを受けました。自分が営業の立場ならばやらないな~というくらい強引なクロージング。

でも、実際にそれをされてみて、それほど嫌ではなかったんです。それで、「あ、このくらいの強引さはお客の立場でいうとOKなんだな」と感じたのでした。

さじ加減は実体験からしか学べない

たとえば上記はクロージングの強さといったものを例に挙げたもの。
「クロージングが強引になりすぎると、お客は逃げてしまう」
「クロージングが弱すぎると、お客は決断できない」
こういったことは、言葉で伝えることができます。本で学べます。

ですが、「じゃあ、どれくらいの強さならば適切か?」といったこと、さじ加減は言葉で伝えることは非常に困難です。そうしたことは、プレゼンをする立場にいるだけでは、なかなかつかめない。自分がプレゼンをされる側、もしくは客観的第三者の立場で感じ取ることが一番の近道なんですね。

 


■関連サイト

◆「営業力がUPするプレゼン術」
   ガイド野村の著書。プレゼンの総合力アップに。

◆コラム「『うるぐす』に見るプレゼン術」
   営業・セールスの仕事より。テレビからプレゼンを学んだ例です。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。