他者から学ぶプレゼンのツボは?

ビジネスプレゼンテーションを学ぶにあたって、ひとつぶち当たりがちな問題が、『他者から学ぶ機会の少なさ』ではないでしょうか?

よくコンペのプレゼンになるので、他社のプレゼンも見てみたい。
でも、そういう機会はなかなか持てない。
いっそ、競合がうちにセールスでもかけてきてくれればなぁ。なんて妄想をしてみることも。

たしかに、自分がやっているのと、非常に似たプレゼンを、競合から学ぶのは難しいかもしれません。そもそも機会がないというのはもちろん、競合から学ぼうとするのは、へたをすれば真似ることになってしまい、盗作扱いされることも。

プレゼンは他業界から学ぼう

そういうわけで、プレゼンを学ぶ際には、自分のビジネスと関係ないところから学ぼうとするのが良いと思います。

「自分と関係ない世界から」そう考え始めたとたん、学ぶべき教材が目の前にあふれていることに気付くのではないでしょうか。テレビの演説番組みたいなのはもちろん、バラエティからも学べるし、お店で接客を受けることさえも学びのひとつになります。

ちなみに、私は、最近まで結婚式場めぐりをしていたのですが、ブライダルプランナーの方々の説明は、ノウハウの宝庫でした!

 

他者から学ぶ際のポイントを解説。続きは次のページ