今度の週末はどう過ごそうか? 次の商品はどんなデザインにしようか? 普段、身近なことについて自分はどうしたいのかと考えていることでしょう。けれど、あなたの人生についてはどうでしょう? もしかして、あまりに大きすぎるので、考えていないということはないですか? でも、それでいいんでしょうか?

《CONTENTS》●あなたは年末年始をどう過ごしますか?(1P目)●さて、あなたは人生をどう過ごしますか?(1P目)●好奇心が人生のビジョンを浮かび上がらせる(2P目)●人生のビジョンが時間に命を吹き込む(2P目)

あなたは年末年始をどう過ごしますか?

あなたの理想の年末年始の過ごし方は?
2007年も終わりに近づいてきましたが、「今年の年末、そして来年の年始の休暇はどこでどんなふうに過ごす予定ですか?」 (年末年始の休暇が全くないという人は、直近の休暇を考えてみてください)

自宅でのんびりという人もいるでしょうし、実家に帰るという人、海外に出かけるという人、日本国内を旅行する人もいるでしょう。

どんな人であっても、なんとなくは「年末年始はこんなふうに過ごしたいなあ」と考えているものです。すべて実現するかはさておき、何かしらの理想の年末年始の過ごし方を想像して、それを考慮しながら実際の選択を行っています。

なかには、「どこでどんなふうに過ごしても構いませんよ」という人がいるかもしれません。そんな人は、「絶対にこんなふうに過ごしたくないと思う年末年始は?」と考えてみてください。いくつか思い浮かんできませんか? やはりどこかで自分なりの年末年始の過ごし方を考えているのです。

さて、あなたは人生をどう過ごしますか?

さて、今度は年末年始の休暇から一挙に大きく、あなたの人生について考えてみましょう。「あなたはこの人生をどこでどんなふうに過ごす予定ですか?」

「いきなり、人生と言われても……」

先ほどの年末年始の過ごし方に比べて、答えに詰まる人が多いのでは? 確かに、大きな魚をドーンと出されても食べるのに戸惑いますよね。まずは魚を食べられる大きさに切ったり、身をほぐしたくなります。

それと同じように、まずは来年1年間をどんなふうに過ごすかを考えたり、今月をどう乗り切るかを思案したりと、小さく細分化したくなるもの。人生全体について眺めて、自分がどう過ごしたいかを考えてみることはなかなかしません。

でも、それで本当にいいんでしょうか? 先ほどの年末年始の休暇の例でいえば、まったく理想の状態や最悪の状態を考えることなしに過ごすことを想像できますか? 何となく休暇をだらだらと過ごすとしたらどうですか? おそらく、何とかしたいと思うでしょう。

ましてや、あなたのかけがえのない人生のこと。そして、いつ終わるかわからない人生です。「いきなり、人生と言われても……」とたじろいたり、いきなり切り刻む前に、まずは腰を据えて眺めてみましょう。

もちろん、人生は1年1年、1ヶ月1ヶ月、1日1日、さらには一瞬一瞬の積み重ねですが、それぞれもあなたの人生そのものです。人生全体を眺めることで、あなたの1年、1ヶ月、1日、一瞬が単なる時間ではなく、生きたものになってくるのです。

人生の過ごし方を考える3つのポイントは? 次ページへ>>