中日監督就任1年目で見事セリーグ優勝を果たした落合監督。現有戦力だけで優勝に導いた秘密は「俺流」コーチング。勝ち試合には選手を褒め、負け試合は自分を責める。そのコーチングにマネジメントの真髄を学ぶ。

あまりに対照的だったドラゴンズとジャイアンツ(1P目)コーチングの先駆者・落合監督(2P目)「俺流」コーチングは観察。指示でも放任でもない(3P目)「「俺流」コーチングは部下のほうを向いて話す。会社ではない。(4P目)

あまりに対照的だったドラゴンズとジャイアンツ

あなたの上司は落合型?堀内型?
「現有戦力で優勝できる」と公言し、見事にセリーグ優勝を果たした中日・落合監督。一方、清原、ペタジーニをはじめ高額年俸選手を揃えながら、3位に終わった巨人・堀内監督。選手を誉めまくる落合監督に対し、選手への愚痴を口にする堀内監督はあまりにも対照的。改めて、監督やそのマネジメントの重要性を思い知らされたシーズンでした。
ところで、あなたの会社や部、課、営業所などを、この中日と巨人の2チームにたとえるとどちらでしょう? また、あなたやあなたの上司は、落合監督・堀内監督のどちらでしょう? 周りを見渡してみると、どちらのパターンが多いでしょうか? 

実際には“落合型上司”はほとんどいません。現有戦力には満足できず、愚痴をこぼしている人がほとんどでしょう。
「あいつさえいなかったら」・「あいつがもっと働いてくれれば」・「もっと優秀な社員が入ってくれれば」など。

もしあなた自身がこんな上司だったら、すぐにでも“落合型上司”への転換を図る必要があります。でも、どうしたら“落合型上司”になれるんでしょう? そもそも、落合監督のマネジメントの本質は何でしょう?

実は、落合監督の秘密は「俺流」コーチングにありました。